ここから本文です

本案の勝訴判決の確定と仮差押えによる時効中断の効力の判例の意義について質問で...

法☆律男さん

2010/7/2415:31:18

本案の勝訴判決の確定と仮差押えによる時効中断の効力の判例の意義について質問です。

仮差押えによる時効中断の効力は、仮差押えの執行保全の効力が存在する間は継続し、仮差押えの被保全債権につき本案の勝訴判決が確定したとしても、仮差押えによる時効中断の効力が消滅するとはいえない。という判例が平成10年11月24日に出されていますが、この判例の意義するところをご教示お願いします。

補足仮差押えをしてから裁判に勝って時効が新たに進行し始めたらそこから10年の消滅時効
仮差押えせずに裁判に勝って時効が新たに進行し始めたらそこから10年の消滅時効
結局同じなのではないかと考えてしまった訳です。まさか本案判決に勝ってもずっと時効が中断しっぱなしだということはないはずですよね?

閲覧数:
999
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mah********さん

2010/7/2416:04:11

実際問題としては、勝訴したら、放置されることなく、
仮から「差し押さえ」などの強制執行を実行することになるでしょうから、
ほんとうは時効は考えなくとも、それほど困らないのでしょう。

仮差押えをしてから裁判に勝って時効が新たに進行し始めたらそこから10年の消滅時効
たいていの時効の中断は、点というか内容証明を出した時点とかでしょうが。
仮差し押さえは期間ですので、終了時点から時効が進行するのでしょう。

質問した人からのコメント

2010/7/31 00:26:39

参考になる回答をありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる