ここから本文です

会社で定額小為替を購入した場合の仕訳処理と消費税の判定について教えてください。

aia********さん

2010/7/2909:26:31

会社で定額小為替を購入した場合の仕訳処理と消費税の判定について教えてください。

社員の住民票や卒業証明書の交付申請をするために、定額小為替を購入しました。
勘定科目は[雑費]で正しいでしょうか?
また、消費税は[課税処理]でしょうか[非課税処理]でしょうか?

どなたかご教授願いますm(__)m

補足ooieonさん早速のご回答有難うございます。
定額小為替400円分を購入、手数料が100円だった場合。

購入時の手数料の仕訳
(借方)支払手数料 100円 税込 / (貸方) 現金 100円

住民票を取り寄せるために定額小為替400円を使った時の仕訳と消費税判定
(借方)支払手数料 400円 非課税 / (貸方) 現金 400円

で正しいでしょうか?
引き続きどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

閲覧数:
212,179
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ooi********さん

編集あり2010/7/2913:16:29

定額小為替は小切手と同様にあくまでも現金と同類として認識します。したがって購入時には手数料のみ仕訳し定額小為替はあくまでも現金として管理します。定額小為替を使用した段階ではじめて仕訳処理が発生します。住民票、卒業証明書であれば支払手数料になります。上記の考え方から定額小為替には消費税は発生しません。ただし定額小為替購入時の手数料は消費税の課税対象です。
補足に回答します。
印鑑証明書の発行手数料は住民票などと同様に法令に基づいて行われる国や地方公共団体の手数料に相当しますので、非課税扱いの取引となります。つまり消費税は掛かりません。よって補足の仕訳でOKです。

質問した人からのコメント

2010/7/29 14:40:32

感謝 ooieonさん、補足にも早速回答を下さってありがとうございます。
解説も丁寧に書いてくださったので、よく理解できました。
本当にありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる