ここから本文です

「東野圭吾」と「宮部みゆき」は、現在のミステリー界の「双璧」ですよね。

dtb********さん

2010/7/3019:47:23

「東野圭吾」と「宮部みゆき」は、現在のミステリー界の「双璧」ですよね。

東野圭吾はトリックが冴えて、ストーリー展開がうまく、2重3重のどんでん返しが魅力ですね。一方の宮部みゆきは、その描写力・表現力の巧みさにいつも驚かされます。(その意味で純粋なミステリー作家ともいえず、ジャンルの幅も広いようですが)。ミステリー・ファンであれば、誰が選んでも両者は「五指に入ってくる」ように思うのですが。いかがでしょうか。

(両者とも松本清張の影響を強く受けているように思うのですが。)

閲覧数:
1,870
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oki********さん

2010/8/321:23:14

ミステリファンですが、残念ながらそのお二人は私の五指には入っていません。
もちろん面白い小説をたくさんお書きになっている作家であるとは思います。
しかし現代のミステリは多様化していて読者も多様化していますから、「双璧」とか「誰が選んでも五指に入ってくる」というのはあり得ないと思いますよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hal********さん

2010/7/3122:06:37

宮部みゆきは昔は好きでした
確かに「火車」「魔術はささやく」などには震えましたが、「理由」辺りから魅力が薄れてきた気がしました
ファンタジー系・時代小説は読まないから知りませんが最近の現代ものはどうにも…正直読むのが苦痛に感じました
東野さんはどっちかというと筒井康隆の影響が強い気がしますがどうでしょうか

fs2********さん

2010/7/3104:55:50

最近、ただの「ミステリー作家」が少なくなったので、ちょっと微妙でしょうね。

むしろ警察小説・企業小説など「ジャンルが広がった」せいでもあるんですけどね。。

mgt********さん

2010/7/3021:57:50

松本清張はとても好きなのですが、「東野圭吾」と「宮部みゆき」はあまり好きではありません。確かに松本清張の影響は受けていると思いますが、松本清張とは違って普遍性を感じません。社会や人間に向けて作品を書いているのは分かるのですが、娯楽ばかりが前面に出ていて、ほとんど芸術性を感じない消耗品ですね。

タイシンさん

2010/7/3021:37:35

売り上げのデータは知りませんが、自分的には、森博嗣先生のほうが好きです。
五指には入ると思います。東野先生と宮部先生は。
あと私は京極夏彦先生も好きですね。

nuk********さん

2010/7/3021:35:35

「五指に入ってくる」作家では、まだまだ「双璧」とは言えないのでは?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる