ここから本文です

記念切手の使い方について

big_star_hiroさん

2010/7/3114:33:18

記念切手の使い方について

自宅に余っている切手がかなりあります。記念切手なのですが、やはり額面以下でしか換金できないのでしょうか。
やはり、家族に額面で買い取ってもらったり、自分で使ったりするのが一番損をしない使い方なのでしょうか。

記念切手でも、普通切手でも同じですか?ちなみに一番古いものでも15年前のものです。

閲覧数:
1,964
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/8/421:34:11

最も損のない方法は、手紙等で使うことです。

使い方ですが、手紙に貼って使うことはもちろんですが、もしも荷物を送る機会があれば、ゆうパックの送料としても使えます。

その際、大量の切手を貼るのが嫌な場合は、送料分の切手を持って郵便局の窓口に行けば、「料金別納」という形で引き受けてくれるはずです。この場合は、切手は窓口で処理され、荷物には「料金別納」のハンコが押されます。

さらに、郵便物を10通以上同時に差し出す場合も、ゆうパックと同じく切手を窓口に納付すれば、料金別納郵便として引き受けてくれます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

matsu55fastさん

2010/7/3120:52:03

記念切手の額面(封書料金)である程度、価値があるかわかります。

戦後の流れだと、10円→15円→20円→40円→50円→60円→62円→80円と変遷しています。

この中で、切手専門店で額面以上で買い取ってくれる可能性があるものは、10円のごく一部(1955年以前の記念切手)です。
金券ショップだと切手の価値わからない店も多いので全て額面以下の可能性あります。

ご質問の1990年代以降の記念切手でしたら、換金は額割れします。知人宛の手紙等に使用されたら、相手も珍しい切手が貼ってあるなと喜んでくれるかもしれません。

現時点も含め、将来的に有望な切手のジャンルは、普通切手です。特に、カラーマーク・銘版付き切手がオススメです。
理由は、印刷のバラエティーが多く、稀に製造枚数の少ない切手が出現します。

shojitrainさん

2010/7/3114:43:55

「記念切手は一度、最寄の(近所にある)切手ショップで、店員さんに相談した上で見て貰って、美品で価値ありと判断されたなら、売却された方が良い」です。
(売却金額は、どうしても額面を幾らかは低くなる様です。)


「売却金額を懸念してなら、通常の切手として使用した方が良い」です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。