ここから本文です

戦車のエンジンよりも戦闘機のボディーにアルミを使った方がいいと思うのですが・...

ねこだましいさん

2010/7/3122:05:02

戦車のエンジンよりも戦闘機のボディーにアルミを使った方がいいと思うのですが・・・
大戦中のソ連軍のT34戦車のエンジンはアルミ合金製。
しかし、ソ連軍の戦闘機はアルミ不足で木製が多かったと言う。
不思議。

閲覧数:
479
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fel********さん

2010/8/100:28:04

ボクは小学生でしゅが…

第二次世界大戦中のソ連のアルミ生産量はヨーロッパ列国中で最低ラインでしゅ。

ショレにアルミ溶接は熟練工がヒチュヨウでしゅ。戦車のエンジンのようにキャスト製品ならイイでしゅが、飛行機の桁材をソ連のネーチャンたちがアルミで溶接しゅたら、空中分解しまくりくりだということは小学生でも想像できましゅ。

質問した人からのコメント

2010/8/1 00:33:20

さすが、フェリックス氏!
大量生産向きの鋳造と、熟練の手作業が必要な溶接の差があるわけね。
ありがとう!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる