ここから本文です

高1女子です。年齢不相応な質問すみませんが 戦闘機F-4の後継機がF-35に決...

aeg********さん

2010/8/1619:04:54

高1女子です。年齢不相応な質問すみませんが
戦闘機F-4の後継機がF-35に決定されたようですが、どう思いますか?
ミリタリーマニアの意見が聞きたいです。

私は、各国が共同開発してるのでコストも安く(っても90億)、
F-22には勝らないが、ステルス機能もありF-22のような機体構造で
アフターバーナーが1個(多分)、おまけに派生形は垂直離着陸も可能。
パワフルでクールな戦闘機だと思います。

補足知恵袋でF-35に決定っていう書き込みがあったのを
見たのですが・・・・・もしかしてガセネタ?

閲覧数:
634
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dag********さん

2010/8/1821:18:59

F-35がF-4の後継機っていう話は無いですね。
確かにF-35は国際共同開発ですが、日本はそれに参加していません。
さらに言えば、F-35は量産1号機がつい最近初飛行を成功させたばかりであって本格的な量産開始はこれからになります。
量産が開始されるとまず開発参加国優先で配備されていくでしょう。
我が国日本がF-35を導入する事になったとしてもかなり先になりますし、ノックダウン生産からライセンス生産を開始させるまでには数年は掛かるでしょうね。

※ ノックダウン生産:原産国から部品状態で輸入して導入国で組み立てる方式
※ ライセンス生産:原産国メーカーから製造ライセンスを取得し、導入国で部品の製造から組み立てまで行う生産方式。

ちなみに、F-35にはA/B/C型がありますが、A型は空軍向けのCTOL(通常離着陸)タイプ・B型は海兵隊及び英国空軍向けのS/VTOL(短距離及び垂直離着陸)タイプ・C型は海軍向けで空母艦載タイプとなりますので、VTOL可能なのはB型のみとなり、C型には着艦用のアレスティングフックが付き、ノーズギアがカタパルト接続対応型になっています。

メディアが伝える所では、F-2を追加生産することで時間稼ぎをするような動向が伝えられていますね。

質問した人からのコメント

2010/8/23 17:45:40

笑う 皆さんあまりにも詳しく述べていてBAに迷ってしまいました・・・
F-35、まだまだ先になりそうですけど我慢強く待ちます^^
それにしても日本がF-22採用なんてのは絶対ないでしょうね。
借金大国日本に、軍事費用を賄える余裕はなさそうだし残念www

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

JF-XXさん

2010/8/1720:31:08

空対空戦闘、空対艦戦闘、ステルス性については十分な性能を持っていると思います。
しかしF-35というのは、ハイ・ロー・ミックスのローにあたる機体で、F-16の後継と言える機体です。なのでアメリカ軍でハイにあたる機体だったF-4やF-15の役割をしっかりと引き継ぐことができるのか少々疑問にはなります。私が気になるのは、
・小型機でエンジンをひとつしか積んでいないこと(F-35は単発機で全長15.7m、F-15やF-22は双発機で全長約19m、ロシアのSu-27系統は約22m)
・それに関連して航続距離が短めなこと
せっかく高い戦闘能力を持っていても、航続距離が短ければそもそも十分な性能を発揮できません。これで尖閣諸島までカバーできるのか少々不安です。ロシアは双発で大型の、性能的にはF-22に近い戦闘機を開発しているわけですから、その点でも不安です。
しかしステルス戦闘のコストの高さ、特に単価だけでなく維持費も非常に高価であることは、アメリカですらF-22を満足に配備できず扱いかねている点から明らかですので、コスト面から考えるとF-22をあきらめてF-35に的を絞ったのは正解だと私は思います。

bag********さん

2010/8/1715:28:47

>ミリタリーマニアの意見が聞きたいです
日本の戦闘機選択は、伝統的に米空軍の意向に従っています。
米海軍機のF-11が一端決まった後も、政治問題化して米空軍のF-104に決定が覆っています。
現在のF-2の共同開発選定の際は、最初の条件での候補が米海軍のF-18しか無かった(双発機が条件だった)のに、米空軍のF-16が改造ベースとなりました。
ヨーロッパの期待なんて、当て馬に過ぎません。
事ほど左様に、米空軍の意向に従うのです。
なぜか?
日本の航空自衛隊は、実質アメリカ太平洋空軍の支配下にあるので、アメリカ空軍の利権であり、作戦上も同一機材が望ましいという意向があるからです。
ですから、導入時期は不明ですが、次に導入される戦闘機はF-35に決まっているんです。日本の好みなんか関係ありません。
ただし、F-35の開発が失敗した場合は、ユーロファイターなり何なりの導入をアメリオカ空軍が認める(もちろん裏でね)かもしれません。
例えば掃海用の大型ヘリコプターは、アメリカでも新機種の開発がうまく行っておらず、結局現有機種のバージョンアップでお茶を濁す事になりました。
その結果、日本にはヨーロッパの機体の導入が(密かに)許可されたのです。
そういう、表には出ないけど、関係者なら誰でも知ってる裏事情からすると、公式発表がなくてもF-35で決定です。
もちろん、間に合わない可能性が大なので、どうしのぐかが見ものなんですけどね。
常識的に考えれば、F-2の追加発注で時間稼ぐんでしょうね。
で、F-15の引退を早めてF-35を導入する、と。
ただ、F-35、本当に失敗の気配濃厚なんですよ。もう17年以上開発してるんですよ。
機種決定から10年、生産型初飛行から5年経過して、なにやらエンジンがよくないんもで開発予算追加とか。
ここまで引っ張って、もう後に引けないってのは、アメリカも同じ。過去そうやった挙句のダサく気は結構ありますからね。
話が大きいだけに、行く末が心配。
しかも、1980年代と違い、代替航空機が開発されていないので、こけたら大変。
どうなるんだろうねぇ。
そのうち、ステルス機能省いたF-22の販売開始したりして。

tak********さん

2010/8/1714:21:34

まだ、確実とはいかないですが・・・;
自分は、あまり納得はいかないです。
理由:ステルスを考えすぎていて、様々な性能が低下しているからです。
でも、世界中がF-35A/B/Cの導入を考えていますから、日本も十分やっていけると思います。

たぶんですが、航空自衛隊に導入予定のF-35は垂直飛行できないと思いますよ?
垂直飛行できるのは、アメリカ海兵隊、イギリス海軍のF-35Bだけだと思います。
日本はF-35A(通常離着陸型)を採用すると思いますよ?

bla********さん

2010/8/1620:55:20

確かにF35に決まりそうです
ですが、本来はF22を望んでいたわけで、それが米国の都合でできないから、F35で我慢しようとしているのでしょう
F4が旧式化しているので待っていられないと言うこともあるのでしょう

多用途戦闘機と言うのは、要するに中途半端な機体だということです、コストを優先させるために日本も採用しろと言ってるだけです
欧州とは地勢も違い運用方法も違ってきます、どちらかと言うと欧州の都合に合わせたのがF35ではないでしょうか
日本の都合ならなんと言ってもF22です

2010/8/1620:13:08

次期主力はA7M烈風です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる