ここから本文です

興南の島袋は見てると、キャッチャーの構えの逆に球が行き、いわゆる逆球が多いで...

ps1********さん

2010/8/1723:42:14

興南の島袋は見てると、キャッチャーの構えの逆に球が行き、いわゆる逆球が多いですが(それで結構三振とってる)、あれはバッテリーの作戦ですか? それとも島袋が判断して逆に投げてる?もしくは、はずすつもりで投げて中に入ってるだけ?どれでしょうか?

閲覧数:
385
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

man********さん

2010/8/1800:06:02

おっしゃる通り、3つどれもあると思います。
センバツの後、キャッチャーの山川くんが、「ランナーが居るときはサインで敢えて逆球にすることもある」って言ってた(みたい?)ですし、今日の試合では、明らかに狙ったところに行かず、外すつもりが抜けて逆球になったケースもありました。それから2回戦の明徳戦では、島袋くんがバッターの様子を見ながらわざとサインと逆に投げ、あえて三球勝負で三振を取った(と思われる)ケースが1回ありました。
だから、敢えてやる場合も、失投でそうなる場合もどちらもあると思います。

質問した人からのコメント

2010/8/18 16:24:10

降参 始めは、単なるコントロールミスかと思いましたが、結構あるし、それとあまりにいいコースへいくのと島袋のリアクションがしてやったりみたいなのとで狙ってるのかと思いましたが、やっぱりおそらくそうでしょうね、お二方ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

rie********さん

2010/8/1800:06:23

たぶん両方です。ランナーがいるときにはコーチャーやランナーがキャッチャー構えの位置をサインで打者に知らせることが可能ですし、2塁ランナーが手振りで知らせるのはほとんど常識です。
プロではそのような時は意識して逆玉を交えるのが普通ですが、高校生でもそれだけコントロールのある投手はそうするでしょう。
今日の島袋は変化球の低めのコントロールは悪かったですが、ストレートの低めは良く決まっていました。しかし、ホームランの影響かどうか、ややフォームを気にしてコントロールを乱す場面もありました。
彼は、仙台育英がヒットエンドランを仕掛けているとわかるや、低めのボール球を意識して続けてすかしてしまうような頭の良いピッチャーですから、逆球をも意識して投げたでしょう。興南というチームは非常に鍛えられたいいチームなので、恐らくバッテリーを含むチーム全体としてそれを行っているでしょう。外野がこまめに守備位置を変えていたのがその証拠です。
ただ、時にコントロールを乱したので、おそらく両方があったものと思われます。

しかし、島袋にとって幸運だったのは、コントロールの乱れは「適当に球が荒れて打ちずらい」効果を生んだことです。田中のコントロールの乱れが甘い玉を多く招いて、痛打を浴びたのに比べると好対照となりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる