ここから本文です

八極拳について前にも質問した者ですが、空手をやっている人は自然と『けいりょく...

bah********さん

2010/8/2103:50:57

八極拳について前にも質問した者ですが、空手をやっている人は自然と『けいりょく』を使っているというのは本当なのでしょうか? 自分は空手の段は持っていますがあまり気づきませんでした(>_<)
あと『すんけい』とはなんでしょうか?よろしくお願いしますm(._.)m

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
444
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuu********さん

編集あり2010/8/2106:16:17

いい機会だから、お答えしておきます。
「勁」とは、使う目的に合った瞬発力という程度の意味です。ですから、「ピッチング勁」「スパイク勁」「ダンクシュート勁」という「勁」が存在する事になります。

空手の「勁」と八極の「勁」とは、同じではありません。使う技の用途が異なるからです。
八極の「勁」は、足を曲げて身を沈め、身体の側面方向へ、開くように使うのが基本です。
対して空手の「勁」は、足を踏ん張って腰の回転で、正面方向へ、閉じるように使うのが基本だと理解しています。剛柔流や上地流では、南派拳術の白鶴拳などに近い「勁」を使っているように思われます。
糸東流や松濤館、少林流などでは、北派少林拳に近いように思われます。足を伸ばし、身を起こし、左右に開く力を使っていると、私には見えます。

だから、質問者さんが首里手系の空手をされているなら、北派少林拳の「勁」に近い「勁」を使っている可能性はあります。
実際には、拳のタイミングが遅くて「少林拳の勁」になっていないことが多いのですが。

「寸勁」については、誤解が多いようです。
「寸勁」単独の技など存在しません。北派の技は基本的に、30㎝以下の短い距離から発せられます。全身を協調させて打てば、距離はあまり関係ないのです。
拳脚を体内に抉り込んだ後で、反作用を支える為のコツがあります。その「支える勁」を練る為の方法が独立して、かつ見世物的に用いられたのが、巷間のいわゆる「寸勁」のパフォーマンスだと考えられます。

瞬発力を活かして、短い距離から板を割るなど、コツさえ摑めば空手の有段者やプロボクサーならすぐにできるようになるはずです。
本当の「寸勁」ならば、人の身体くらいならば吹っ飛びます。しかし、吹っ飛ばす事が目的ではないのです。

これ以上知りたければ、入門して学んで下さい。八極ならば、武壇系をお奨めします。長春系も凄いですね。

他の系統に関しては、この目で見た事がないので、敢えて評価をすることは避けさせていただきます。

ちなみに私は、八極門の人間ではありません。

質問した人からのコメント

2010/8/27 08:57:21

感謝 皆さんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

2010/8/2518:33:24

1流の人ならボクサーでも空手でも使用しています。
ガチガチに固いと思う空手でも、組み手を重視する空手では
軟らかい動きになり

しぜんに身に着けるものだとおもいます

中国では、丁寧に、ここはこうやって動かして・・・
という指導ということです

武術は、才能もありますからね
自然に覚える人も、いくらでもいるわけで

すんけい は、文字とおり 3センチ ほとんど距離がないか
触れた状態から相手を倒せる打撃ですね

一般的に、沈みこむ力と前に倒れる動きを同時に使って
体はまっすぐな姿勢です

背骨から動く動き・・・
といったほうがわかりやすいでしょうか

魚の動きは参考になるかもしれません

wat********さん

2010/8/2108:22:30

専門的な説明はyuubenosoraさんがなさっていますので、私の回答は参考程度に読んでください。

私の解釈では、武術的によい力の出し方を「勁」、悪い力の出し方を「力」と呼んで区別したのだと理解しています。

中国は「文の国」と呼ばれるように、ありとあらゆる事象を言葉で説明しようとします。その典型が「易」であって、中国武術の太極拳や八卦掌の名前の由来もこの書(というか思想体系)の中にあります。それに対して日本人は「言わなくても分かる」ことを重視する民族性があり、中国のように力や技を分析するようなことはあまりありません。技は「効けば良い」し、「修練すればできるようになる」のです。古武術の伝書にやたらと「口伝」が多いのも、秘密にするためという理由以上に、どう書けばよいかわからないという事情もあるのです。

で、どちらがよいかというと「微妙」です。日本のように「わかるやつにはわかる」という文化では、正しい技術が伝承しない危険性がありますし、中国風だと文字に縛られて技術が矮小化したり、文字そのものが一人歩きをして神秘化が起こったりします(「発勁」なんてまさにそうですね)。この両方がバランスを保つのが理想でしょう。

ですから、「発勁」や「寸勁」を体現する空手家は間違いなくいると思いますが、それは中国武術をやっている方々のものと同じものではないはずです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる