ここから本文です

トウモロコシ栽培失敗!どこが間違ってますか?

aci********さん

2010/8/2711:12:29

トウモロコシ栽培失敗!どこが間違ってますか?

トウモロコシがほぼ全滅しました。
全体的に実が小さい。食べられる位の大きさのものでも、歯抜け、歯並びが悪い、虫食いが酷い。

栽培はこんな感じでした
・品種は大きくて甘いといういいとこ取りなもの。ジャンボなんとか・・だったような。
・日当たりは良い場所。防鳥ネットあり。
・5月中旬に苦土石灰、ぼかし肥料を入れて黒マルチ。
・6月初旬に播種。50cm間隔2条植え。
・草丈10cm位で間引きして各1本に。
・晴天続きの時は2日に1度水遣り。
・実が付いてきた頃、そさい3号を追肥。
・アブラムシと蟻がけっこう付き始めていたが放置

欲張りな品種で病気や虫に弱かったのか、それともアブラムシを駆除しなかったのがいけなかったのか、来年も作りたいのでアドバイス下さい!

閲覧数:
29,473
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

coz********さん

2010/8/2712:12:36

株に雌穂と雄穂がありましたね。雄穂の花粉が雌穂のひげに付いて受粉すると粒ができるのです。ひげ一本が粒一つにつながっているので、受粉しなかったひげがあると歯抜けになります。

花粉は、風や、木をゆすってやることで飛散し、ひげに付きますが、花が咲く時期に長雨があったり、台風などで木が倒れたりすると、受粉が十分でなく歯抜けになります。

そうならないために、間隔30㎝~20㎝のチドリ植えにし、花粉がつきやすくします。自分自身の花粉からは受粉しないので、周りの株が多くて、近くに植えてあることが必要なのです。

家庭菜園で、上手くできない理由の一つに、株数が少ないことがあります。10株以上植えることが必要です。

また、わき芽を取ること、一株に雌穂はひとつにすること(それ以外は取る)、受粉が上手くいってない時は、花を少し切り取りひげに花粉を振りかけてやることが大切です。

トウモロコシ専用の粉状の殺虫剤があります。「デナポン」といいます。穂と茎の間にかけるだけですが、農家さんが大抵使います。

質問した人からのコメント

2010/8/31 09:33:09

皆様回答ありがとうございました。BA迷いました。株間とアワノメイガの対策、長梅雨対策に問題があったようですね。来年は人工受粉も視野に入れて上記対策をしっかりやりたいと思います。巷の家庭菜園では無農薬って簡単に言いますが、無農薬だと収穫厳しすぎですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sta********さん

2010/8/3104:16:54

どでかコーン優作でしょうか?
肥料は沢山与えましたか?水も与えましたか?
アワノメーガ対策はしましたか?

ara********さん

2010/8/2810:52:05

今年は梅雨が長かったです。
タネを蒔いた時期が悪かっただけです。

モット早く/遅くすれば良いです。

cch********さん

2010/8/2711:59:29

ちょっと苗づくりが大変ですが、4月中旬定植が一番作りやすいです。株間37㎝、2条植え、約40本です。元肥は苦土石灰、鶏糞、過リン酸石灰、硫安、油粕、を普通よりもやや多めに混ぜます。黒マルチをし、追肥はしません。その代わり、元肥は土全体に混ぜるのと、株間に一握り施します。この時期に植えますと、アワノメイガにやられる前に収穫できます。苗は透明の衣装ケースを温室替わりにして育苗しています。128穴か72穴のセルトレイを苗床にします。

2010/8/2711:43:57

私も素人で自信がありません。失敗続きでしたが、今年は少し作り方を変えたら案外成績が良かったので、その方法を挙げてみます。
株間の50センチ間隔は開き過ぎです。もう少し狭めても良いでしょう。
今までは害虫対策を全くしていませんでした。今年は人から教わって、上から雄花の穂が葉の間から出始める前に殺虫剤をやりました。その一週間後にもう一度やりました。これで虫食い、歯抜けが激減しました。2度目に播いたものがもうすぐ収穫できそうです。同じ方法で虫が付いて枯れたり、折れたりしているものがなくなりました。
花が咲いたら追肥をしました。
害虫駆除のためにはどうしても殺虫剤の適期散布が必要です。農協で訊ねましたら難しい名前の薬剤を奨められましたが、劇毒物指定で判子がいるとの事で止めました。私が使った殺虫剤はトレボン乳剤です。

2010/8/2711:25:29

株間50センチでは空けすぎで35センチで十分です。
50センチでは受粉不足になります。
元肥に鶏糞、油粕、化成肥料8-8-8。
追肥は化成肥料8-8-8を2回施せば良いでしょう。

虫食いは「アワノメイガ」でしょう。
雄穂が出る前とその1週間後にスミチオン乳剤、アディオン乳剤散布。

この程度で十分な収穫が出来ます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる