ここから本文です

ゲゲゲの鬼太郎に出てきた大海獣・ゼオクロノドンって実在した生物なのですか?? ...

k_suzuyan_1995さん

2010/9/109:24:15

ゲゲゲの鬼太郎に出てきた大海獣・ゼオクロノドンって実在した生物なのですか??

劇中の設定では、鯨の先祖で、鯨が海に帰る前、 陸上で生活していた姿ということになっており、体中が毛で被われており、足も手もあります。

クジラって本当に昔は陸地で生息していたのですか??

補足ゼオクロノドンという名前も架空のものですか??

閲覧数:
5,704
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

usonosan8さん

編集あり2010/9/114:26:50

おそらく空想の生物だと思われます。
鯨の進化の主な系譜では、
メソニクス科→プロトケタス科→アゴロフィウス科→現在のクジラ類
となっており、メソニクス目は別名(旧称)無肉歯目とは哺乳類の絶滅した目の一つで、中型から大型の肉食動物の事です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%82%AF%E...
ただし、進化の過程で絶滅した種に原クジラ亜目バシロサウルス科バシロサウルス亜科がいますが、これを別名ゼウグロドン、ズーグロドン(くびき型の歯”の意)とも呼びます。
ゼオクロノドン=ゼウグロドン
であるならば、全く姿かたちは違いますが、名前では実在したと言えます。
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/aquaheart/cetacea02.shtml

おそらく空想の生物だと思われます。
鯨の進化の主な系譜では、...

質問した人からのコメント

2010/9/8 09:51:34

降参 なるほど…名前だけは実在したみたいですね。
ウィキなどでゼオクロノドンで検索しても、なぜかバシロサウルスのページに飛ばされ、謎だったんですが、そういうことでしたか!!

皆さんご回答ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/9/114:55:54

クジラは昔陸と水中とを行き来できるカワウソ(?)みたいな姿をしていました。
また、出産も陸上でしていたという説もあるそうです。
ゼオクロノドンは古代のクジラであるゼウグロドン(バシロサウルス)からとられたんでしょうね。

http://ameblo.jp/oldworld/entry-10145480902.html
http://ameblo.jp/oldworld/entry-10267538645.html
http://ameblo.jp/oldworld/entry-10206814025.html

あと、僕の記憶違いでなければあの毛むくじゃらの怪獣はゼオクロノドンではなくて命の水を飲まされた鬼太郎蛾変身したものだったような・・・
ゼオクロノドンは湖かなんかで白骨化しながら生きてたと思います。

lunas_terraさん

2010/9/109:34:51

鯨の祖先はカバと同じで狼くらいの大きさだったようですが、普通の半陸上動物だったらしく鯨っぽくはありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%AD%E3%82%B1%E3%83%88%E...

鯨の祖先はカバと同じで狼くらいの大きさだったようですが、普通の半陸上動物だったらしく鯨っぽくはありません。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。