腹ペコ青虫さんてどんなお話ですか? お恥ずかしながら絵本だという事も知りませんでした。 保育園で子供が習ったらしく、最近「♪木曜日、木

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございます。 確かに子供が「♪お腹が痛くて泣きました」とかって歌ってました。 最後は葉っぱの食事に戻って無事に蝶になれるんですね。スッキリしました。 是非本屋で探してみたいと思います。

お礼日時:2010/9/2 11:46

その他の回答(5件)

0

エリック・カールの『はらぺこあおむし』ですね?絵本が有名ですが、今はCDもぬいぐるみもバラエティーに富んだグッズが売られている程の人気です。内容は小さな卵からちっぽけなあおむしが孵り、月曜日~日曜日の一週間で果物やアイス、チーズなど色々な物を食べ、太っちょあおむしになりやがて蝶になる話です。

0

正しくは「はらぺこあおむし」というタイトルです。 そして木曜日は「いちごを四つ食べました♪」です。 ちいちゃなタマゴからあおむしがうまれ、たくさんの食べ物を食べて どんどん大きくなって、ある日きれいなちょうちょになりました…という 実に単純明快なお話なのですが、穴が開いていたり、食べ物の量に応じて ページが切り取られていたり、子どもの目を引く装丁や、もともとの絵の美しさが とても魅力的です。 歌は、絵本を元に作られたもので、ほぼ日本語訳どおりです。 有名というか定番中の定番、置いていない本屋はないでしょうね。 お近くの書店で手にとって見てみられるとよいかと思います。

0

有名です 保育関係者で知らない人はまずいないのでは?くらい有名です CD出ていたはずですよ ♪月曜日~月曜日~りんごを一つ食べました~ それでも やっぱり おなかはぺっこぺこ~ ですよね

0

元保育士です。 歌は園独自のものでしょう。エリック・カールさんの絵本で「はらぺこあおむし」という絵本がありますので、それかと思います。 簡単に言うとしかけ絵本で、卵から産まれた青虫が1週間に渡って色んな物を食べます(食べ物の絵の部分に穴が開いており、食べたあとみたいになっています)。 たくさん食べた青虫はさなぎになり、綺麗な蝶になりました…というお話です。 絵が綺麗ですし、穴が開いている部分や色んな食べ物が出てくる所、蝶になる所なんかが人気ですよ♪

0

歌は知りませんでしたが、絵本は子供の頃に読みました。お腹ぺこぺこの青虫くんが、おなかすいたよ~ってそこらじゅうの物を食べながら歩いて行くんですが、食べるたびに身体が大きくなっていって、いくら食べてもきりもなくお腹がぺこぺこで食べ続けて大きくなり続けて、地球のあらゆる物は青虫くんが食べて無くなっていっちゃって、何も無くなった地球に巨大化した青虫くんがひとりぼっちで泣いて…最後どうなるんだったか忘れちゃった(>_<)中途半端ですみません(ToT)