ここから本文です

交通事故の加害者の事件後はどんな生活を送るんでしょうか? 数年前父親を交通...

clov1018さん

2010/9/401:14:33

交通事故の加害者の事件後はどんな生活を送るんでしょうか?

数年前父親を交通事故で亡くし、まだこれからも裁判などいろいろとあるんだと思います。

そこで加害者は今どんな生活を送っているのか?
自分で一生の償いをすると言っていたのにもかかわらず一度自宅に来たきりであとは本人からはなしのつぶて。
普通の以前の生活と変わらなく過ごしているかもと考えただけで悔しくてたまりません。
被害者家族の話は目にすることがありますが、反対に加害者はどうなんでしょうか?

閲覧数:
6,900
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

taem92126さん

2010/9/405:52:04

悲しみははかり知れないでしょうね。

職業柄、死亡事故を起こした方々と数多く接する機会があります。
交通刑務所へ服役、裁判など精神的にかなり答えるようです。
以前とは同じ環境での生活も続けることも難しいらしく、職場は変わっている方が大半です。
奥様をはじめご家族の支えがある方は精神的重荷を背負いながら、事故前の少々驕った所を垣間見えていたものが
ものすごく謙虚な姿勢での態度に一変している方々を多く見てきました。

被害者遺族への訪問については、何回謝罪しても足りないだろうとの思いはあるみたいですが
足を運ぶ事には葛藤があるみたいです。
被害者遺族はそれを望んでいるのか、望んでいないのであれば自己満足で終わってしまう、行くのが怖い・・・

一生、背負っていかなくてはならないみたいです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sorabentenさん

2010/9/402:31:23

心中お察しします。

加害者も被害者も人間です。

人間性の問題が大きいと思います。反省して過ごす方もいれば、そうでない方も(怒)・・。
ただし、刑事罰、民事賠償、行政罰を受け、社会的制裁も受け相応の懲罰は受けています。以前と変わらずに生活する事は皆無に等しいです。(交通加害者の手記などを読んで見てください。)

では、一生の償いとは賠償金以外で、具体的に何があるでしょうか?

毎日、貴方の家に伺い土下座させますか?
毎日、玄関の掃除をさせますか?
あなた自身が加害者を肉体的に制裁を加えますか?
加害者のプライバシーを公開してみますか?

つまり、貴方が加害者に何を求めるかによって貴方の今後の人生観が決まると思います。

被害者の家族の話を、マスコミが取材して放送するのは、もちろん事故の撲滅・抑止力の意味合いもありますが、お涙頂戴が数字の取れる時節柄ですから。

そして、加害者の話を聞かないのは、加害者自身がその過ちを後悔しているからと思います。
中には、武勇伝的に語る様な最低のごみ屑もいますが・・。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。