ここから本文です

人間の「Y染色体」は、しだいに短くなっていて、 将来には消滅する可能性もあると...

big********さん

2010/9/804:31:26

人間の「Y染色体」は、しだいに短くなっていて、
将来には消滅する可能性もあると言いますが・・・

1.それまでの時間はどのくらいと推測されているのでしょうか?

2.最近の男性の女性化とは関係あるのでしょうか?

閲覧数:
759
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hat********さん

2010/9/806:59:50

オーストラリア国立大学のグレーブスは、2002年のNature誌上で「1000万年以内に消滅してしまう可能性がある」と述べています(http://www.bio.chuo-u.ac.jp/nano/kisoseibutsu/The%20future%20of%20s... )。

その後、NHK番組での取材に対しては、さらに期間を短く予想し、「遅くとも500-600万年後で、もっと早まる可能性もある」とも答えていました。

なお、哺乳類には既にY染色体を失っているネズミもおり、それらでも雌雄の性別が保たれており、雄は元気に雌を追いかけているらしいですから、いわゆる「女性化」とY染色体の消失とは直接の関係はないようです。

Wikipedia Y染色体: http://ja.wikipedia.org/wiki/Y%E6%9F%93%E8%89%B2%E4%BD%93

質問した人からのコメント

2010/9/9 01:12:01

成功 NHKでの話は、私も調べてみました。多くの可能性を推測すると、「最短で500年後に消滅する」らしいですね。また、ネズミがそうだからと言って、人間も同じとは言えないと思います。男性消滅もあり得るようです。とにかく、回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

len********さん

2010/9/805:52:41

専門家ではないので具体的な数値は他の方に譲りますが、2つのご質問のいずれも、「私たちのイノチがあるうち乃至子や孫、ひ孫、その孫…ぐらいまでの時間では変わらない」ことは確かです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる