ここから本文です

現役プロレスラーが会社の要職・経営も兼ねることに対するメリット・デメリットは...

air********さん

2010/9/1514:45:07

現役プロレスラーが会社の要職・経営も兼ねることに対するメリット・デメリットはなんでしょうか?

また、それを踏まえた上で、回答者様は現役レスラーが会社要職・経営を兼業することに賛成ですか、反対ですか?

閲覧数:
164
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

CJさん

2010/9/1517:08:32

《メリット》
・兼任することにより会社のコスト削減に繋がる
・レスラー自身がレスラーの観点で経営・職務ができる
・レスラー兼社長または役職になることで、特別に見える(丸藤副社長、武藤社長など)
・レスラーが経営・職務しているため客も親近感が湧く(一般の社長ではどこか距離を感じてしまう)

《デメリット》
・経営、職務のプロのではないためミスが発生しやすい
・レスラー兼職務のため、多忙になり、練習時間や体のケアの時間を割いてしまう


これを踏まえた上で自分の考えは『どちらでもOK』です。兼任はもちろんメリット、デメリットが発生しますから、その団体の状態や方針に合わせて兼任させるか、専門にさせるかを考えていいと思います。
ただ、三沢元社長の例もあるため社長職や職務で練習時間や体のケアが不十分になるようなら辞めた方がいいですね。また、経営での失敗もあるため人選は慎重に、経大卒などを優先的に経営に当ててほしいです。

レスラーが兼任することでレスラー自身がレスラーのための経営ができるというのが一つ大きな部分だと思います。現場で戦うレスラーにしかわからないこともあるため会社の重要なポストにレスラーを入れるのは会社的には大きなプラス材料でしょうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tar********さん

編集あり2010/9/1520:17:13

どちらかと言えば賛成ですね。メリットはプロレスの事は、やはり選手が一番分かっていると思いますから。プロレスの門外漢が口出しするのは、余り好ましいとは思いません。デメリットは思いつきません。

kdm********さん

2010/9/1517:29:17

メリット
・成功すればそれに見合う報酬を手に入れる。
・発言力や権力を手に入れる。

デメリット
・失敗すれば責任を問われる。負債を負う事も。
・プロレスだけに集中できないので選手としての能力の低下。

私は賛成でも反対でもありません。
その団体に見合った人物が舵取りをすればよいと思います。
しかしながら新日の様な大手団体を選手が仕切るのは反対です。
世間知らずの選手達が仕切ればどうしてもプロレスの村社会から抜け出せないのは歴史を見れば明らかです。
プリレスを世間にも響くジャンルにしたいのであれば視野の広い有能な人物に経営をさせるべきです。
現状の様なレベルで満足してるのであれば選手が経営を行ってもどうにか成り立つでしょうが。
逆にコアなマニアを相手に商売をしてるインディー団体ならマニアの気持ちも理解できる選手の方が向いてるかもしれません。
隙間産業的な手法が必要になりますので固定客に支持されてる人物なら選手でもよいでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる