ここから本文です

ものもらい? ものもらいらしきものができました。 でも膿がたまってるとい...

lcqnqq86さん

2010/9/1911:26:43

ものもらい?

ものもらいらしきものができました。
でも膿がたまってるという感じではないです。
さわっても痛くないし、かゆくもないです。
右目の下まつげとの間の粘膜です。

半年くらい前にも同じ場所にできてたのですが、1~2ヶ月くらいで少しずつ成長してある日誤って掻いてしまったときに角栓みたいなのがぽろっととれました。
そのあとはなんか小さい穴が開いてるみたいな感じで、しばらくするとほんの少しだけ赤みが残っていたのですが穴もふさがってまったくわからなくなりました。
そして1週間くらい前にまた同じ場所に同じものができました。
このまえもほっといて治ったのでいまのところ放置しようと思っているのですが、また出てきたらやだなあとも思ってて眼科に行くことも検討してます。
やっぱり眼科に行くべきですかね?
そもそもこれはものもらいなんでしょうか。

ちょっと気になるのでお願いします!

閲覧数:
2,760
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moriani503さん

2010/9/1911:55:33

該当する眼疾を下記しておきます。休み明けに眼科受診をお勧め致します。
眼瞼炎(がんけんえん)
眼瞼炎とは、瞼の辺縁で起こる炎症で、瞼の皮膚に起こる「眼瞼皮膚炎」、睫毛の付け根あたりに起こる「眼瞼縁炎」、目尻に起こることが多い「眼角眼瞼炎」の総称です。厚い鱗屑(表皮がうろこの様にぼろぼろになること)や、かさぶた、浅い潰瘍、瞼の縁にある脂腺の炎症などを伴うこともあります。眼瞼炎には、細菌、あるいはウイルスに感染して起こる「感染性」のものと、薬品や化粧品などに対するかぶれやアレルギーで起こる「非感染性」のものがあります。 細菌が感染の原因となるものには、まぶたやまぶたの縁に開口部がある腺へのブドウ球菌感染症、顔や頭皮の脂漏性皮膚炎、ほおや鼻に赤い膿疱ができる酒さ性ざ瘡(しゅさせいざそう)などがあります。 代表的な症状は、眼の中の異物感、かゆみ、眼と瞼にピリピリする痛みがあったりします。涙目になったり、光に敏感になることもあります。瞼が腫れてしまい、まつ毛が抜け落ちることもあります。睫毛の根元に膿のたまった小さな膿瘍ができることもあります。瞼の縁に硬くてはがれにくいかさぶたができたり、目やに等、分泌物が就寝中に乾燥し瞼がくっついて開けにくくなることもあります。細菌感染が原因の場合は、細菌に対抗する抗生物質による目薬や軟膏を用いた薬物治療を行います。ヘルペスウイルスなどのウイルス性眼瞼炎のときは抗ウイルス薬を用います。眼瞼炎は、基本的にそのままにしておいても自然に治ることがありますが、眼瞼縁炎によるただれや膿瘍がある場合は、治療を受けずに放置すると、炎症がひどくなり、睫毛の脱毛などが考えられますので、炎症が起きたときは、眼科できちんと受診して診てもらうことが必要です。
霰粒腫(さんりゅうしゅ)
霰粒腫は、瞼にある目に脂を分泌する瞼板腺が詰まり、慢性的に炎症を起こし肉芽腫という塊ができる病気です。後述の麦粒腫と混同されやすく、ものもらいと呼ばれることもありますが、医学的にはまったく別の病気です。医学的にはまったく別の病気です。まぶたの中にコロコロとしたしこりができ、瞼に触ると、クリクリと動きます。しかし、しこりが細菌感染して、急性炎症を起こす場合もあり、これを急性霰粒腫と呼びます。すると麦粒腫と同じく、瞼が赤く腫れて、痛みを伴います。しこりが小さければ、そのままにしておいても問題ありませんが、しこりが大きくなると、不快感だけでなく、外見上の問題も出てきます。腫瘤が大きい場合は、眼科医で副腎皮質ステロイド薬を腫瘤に注射したり、瞼の裏から瞼板腺を切開して、たまった内容物を出す手術を簡単にしてもらえます。急性炎症を起こした場合は、麦粒腫と同じく、抗生物質による薬物治療を行います。
麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
麦粒腫とは、俗に言う「ものもらい・めばちこ」です。瞼の縁や内側に、細菌が感染して起こる急性化膿性炎症で、「外麦粒腫」睫毛の毛穴に存在する脂腺や汗腺に起こるものと「内麦粒腫」まぶたにあるマイボーム腺(脂腺の一種)に起こるものがあります。初めは瞼の局所に赤みが出現し、軽度の痛みや痒みを伴います。「まばたきをすると目が痛い」と気が付くことが多いようです。炎症が悪化すると、赤み・腫れ・痛みが強くなります。炎症箇所が膿を持つこともあり、化膿が進むと、腫れた部分が自壊し膿が出ることがあります。膿が出てしまえば、その後症状は自然に軽快していきます。 ほとんどがブドウ球菌感染ですので、症状に合わせた抗生物質の点眼薬、症状が重い場合は、内服薬や軟膏などが処方されます。早めに受診すれば、これらの薬で細菌の働きが弱められ、白い膿点が出る前に治ることが多いです。すでに膿点ができているときは、膿点を細い針先で突いて膿を出すと痛みが和らぎ、治っていきます。

該当する眼疾を下記しておきます。休み明けに眼科受診をお勧め致します。
眼瞼炎(がんけんえん)...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。