ここから本文です

新築予定です。建物の坪単価って坪数が増えるほど安くなるんでしょうか?会社によ...

ajm********さん

2010/9/2100:31:01

新築予定です。建物の坪単価って坪数が増えるほど安くなるんでしょうか?会社によっては何坪以上だと~円と設定がまちまちなんでしょうか? 当方が契約予定の会社は多かろうが少なかろうが坪単価×○坪です。

閲覧数:
844
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dar********さん

2010/9/2101:12:47

一般的には、安くなる傾向となるはずです。

というのは、コストがかかる部分の水廻りは全体が大きくなってもほぼ一定の面積で、増える部分は比較的安い一般居室となるからです。

しかし、坪単価で契約するのは乱暴ですね。本来は設計図(しかも、使う商品の品番まで記入しているものやその収まりが書かれているもの)と内訳明細書を作成してもらうべきです。これがないとあとあと変更工事が発生したときに追加あるいは減額費用でもめることとなります。外構工事や諸経費も当然明細に乗せるべきものです。

このQ&Aでもそういうトラブル事例がけっこうあるようですので、備えあれば憂いなしというスタンスで臨んでください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

era********さん

2010/9/2120:06:00

坪単価は目安や最終的な結果論では?見積書や契約書の金額は坪数×単価ではないので。2世帯住宅とかでなければ、キッチンやバス、玄関などが1つならば坪数があがれば当然坪単価は下がります。実際、坪単価判断材料として、なんの役にも立ちませんでした。

wak********さん

2010/9/2108:57:10

所詮坪単価など目安にすぎないあやふやなものです。
「坪数が増えると安くなる」という根拠は、全体の坪数が増えても変わらない部分の価格と、施工面積が増えれば比例して増える部分のプラスマイナスの加減での話です。
一般には約30坪を境にして、狭小住宅になるほど坪単価は確実に上がります。
が、大きくなる分には、かなり坪数が増えないとはっきりした違いは感じないでしょう。
コストの調整でなんとかしやすいからです。
ですから、質問者さんの候補の会社が多少の坪数の違いは坪単価同じと言ったのもあながち間違いとは言えないでしょう。
具体的な金額は、プランや詳細見積もりで出していけばいいですし。
この方法の方がまっとうな考えかたでしょう。

>会社によっては何坪以上だと~円と設定がまちまちなんでしょうか?

別に法で決まっているわけではないですので、自由と思います。
仕様によっても違いますし、ようはお客さんがどう思うかでしょう。

とにかく、質問者さんが契約するときには、詳細見積書をしっかりチェックして、予算内に納めてから納得して契約してください。

aio********さん

2010/9/2101:37:45

坪単価契約なんて契約はありえませんというのが率直な感想です
何があっても坪○○円でやりますよ なんて会社ほど信用出来ないものは無いと思います

坪○○円で仕上げるにはこの位の仕様で、それには○○が入っていなくて、恐らく○○さんのイメージだと
追加で○○の装備が必要になるので だいたい○○円程度でしょうね くらいの話が出来る営業さんじゃないと
あなたが業界関係者でないかぎり間違いなく不愉快な結果になるでしょう

設計図作成込みの契約なのでしょうか?
設計契約、工事契約がひとまとめなのか個別なのかも気になりますね
正しい方法としては、イメージをある程度まとめた時点で設計契約を行って実施設計に入ってもらう。
実施設計図が出来た時点で図面を元に見積書を作成して契約というイメージでしょうか
私はゼネコン勤務なのでハウスメーカーや工務店とはちょっと違った視点かもしれませんが
このあたりをちゃんと説明せずに 坪契約を勧めてくる会社は間違いなくおかしいと思ってよいと思います

見積もりの内容も大事です
だいたい壁の内装材、塗装工事等は面積(㎡)と仕上のグレード(単価)を記載します
配管工事等は配管の長さや器具の数、単価(品番共)を記載します
コンクリートやモルタルは体積(㎥)と単価を記載します
その他にも土工事も体積、屋根の板金等は面積を、手すりは既製品であれば品番を、
製作品であれば長さを記載します。建具(扉等)は姿図と仕様に沿って数量と単価を
電気配線も長さを記載します

このあたりがしっかりと記載されていなくて、説明を求めた際に真摯な説明が出来ない会社も×です(小さな工事は別にいいですけどね)

面積も間違っていないか一緒に確認してみるといいでしょう(積算方法を教えてもらうつもりで内装材の一種類の面積でも一緒に計算してみるといいでしょう)意外と間違えているものです

とにかく家は1回建てた程度では満足がいくものがつくれない難しいものです。
新居での生活にあこがれてイメージ優先で話を薦めてしまうと大変です
特に質問者さんの質問を見る限りでは 家を建てるにあたってもう少し勉強された方が良いと思います

図面とカタログと経験で完成を予想して物を作る作業は本当に大変な作業です。
予算等の制約で諦めることは多々あると思いますし必要な事だと思います。
でも勉強不足で業者まかせであとからこんなはずじゃなかったと思いながら自分に言い訳をする人生よりは
良いと思います

がんばってください

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる