ここから本文です

就業規則に退職は.30日と記載があったとしても民法第627条により14日で大丈夫なん...

moa********さん

2010/9/2123:45:57

就業規則に退職は.30日と記載があったとしても民法第627条により14日で大丈夫なんですか?

閲覧数:
1,624
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hea********さん

2010/9/2211:25:17

もちろんです。就業規則よりも民法が優先します。
大変失礼とは思いますが、dora_yuripon_cd様の回答は間違っています。
根拠として、「高野メリヤス事件」という判例があります。
「就業規則の規定は、予告期間の点につき、民法第627条に抵触しない範囲でのみ有効だと解すべく、その限りでは、同条項は合理的なものとして、個々の労働者の同意の有無にかかわらず、適用を妨げられないというべきである。」
ということですので、民法627条よりも長い期間を定めてもそれは無効であると裁判所は判断しています。
つまり14日以上前に申請したにも拘らず、質問者さんが退職を認められない場合、裁判を起こしたら勝てるということです。
(この判例を出せば会社の方が折れると思いますが・・・)

しかし円満に退職した方が良いとは思います。どうしてもすぐに辞めたい場合の最後の手段として使ってみてください。

質問した人からのコメント

2010/9/22 20:04:56

感謝 ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

run********さん

2010/9/2207:21:23

30日では合理性がないのであれば、民法627条でいいと思います。
会社は30日以上前に予告する必要があるので、労働者も30日前としてもおかしくはありません。

この問題は、結局のところ裁判所でしか判断できませんんが、判例法理として確立しておりません。

dor********さん

編集あり2010/9/2212:32:33

就業規則に30日前と書いてあるなら、
法律では14日前になっていようが、
就業規則の方が優先されると思いますよ。

それと、heart0909riseさん。
この件ですが、会社にも諸事情がありますし、
一般論からしても、私の回答している内容は、ある意味正解ですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる