ここから本文です

婚約指輪購入後に、相手から破談の申し出を受けました。指話代の負担はどのように...

tamago986さん

2010/9/3021:17:18

婚約指輪購入後に、相手から破談の申し出を受けました。指話代の負担はどのようになるでしょうか。

ある女性とお付き合いしていました。
二人で宝石店を訪れ、婚約指輪購入の手続きをし、店には2万円の手付金を支払いました。
結納がまだですが、彼女の方から、破談の申し出があり、
結納式も、結婚式場の予約も、一方的にキャンセルされてしまいました。

そして、指輪キャンセルの話になるのですが、
キャンセル出来ない場合は、彼女が支払い等の手続きを進めるので、注文書類を渡して欲しいと言われました。

彼女は「彼女が支払い等の手続きを進める」と言っていますが、これは全額支払うと読み取っていいのでしょうか?
注文書類をそのまま渡してしまっていいのでしょうか?
一方的に断られたため、私の心情としては、1円も負担したくありません。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,983
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/9/3022:03:35

1円も負担したくないなら、なおのこと早く書類を渡して、彼女が
さっさとキャンセルできるようにした方がいいのではないですか?
あなたがお店に一報入れても構いませんが。

破談というのは、一方的にされたと思っていても、それなりに
理由があるものです。なぜ結婚したくなくなったのか。仮に他に男性が
いるとしても、なぜあなたではなくその人を選んだのか。

少しでも「二人の」損失が少なくなるように協力しましょう。

その上で、婚約破棄について、慰謝料の請求をするというのはいかが?
感情的にあなたにも何らかの原因があったであろうことと、婚約して
いながらそれを破談にすることで法的責任が発生することは別ですから。

式場も予約し、結納式も決まっていたのであれば婚約状態だったと
いえるとは思いますが、慰謝料の請求をするのであれば、内容証明
の送付に始まり、場合によっては訴訟に発展などしますから、弁護士さんに
相談しても良いと思います。費用がかかりますから、示談で済めば
一番良いのですが。

2万円についてあまり細かく言って「小さな男。別れて正解!」って
思われるのも腹立たしいので、ここは2万円は忘れて、もっと大金を
請求してはいかがでしょうか。

あくまで個人的意見ですが。
(おそらく、結納式や式場のキャンセルなど、お金は発生しているのでは?
それは彼女が負担しているのではないでしょうか。)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

momonon0208さん

2010/9/3022:11:45

式場も予約していて婚約指輪も購入手続きしていたのであれば
立派な婚約破棄と認められると思います。

まずは法テラスや30分相談無料などの弁護士を利用してみては?
婚約破棄の慰謝料の相場は100万~200万です
あなたの場合第三者が分かるような証拠もしっかりあるので
泣き寝入りする必要はまったくありませんよ。
もちろん手付金の2万も払う必要はないです

kimiko382さん

2010/9/3021:59:37

貴方がご自分で宝石店へ注文書を持参されて、破談になったのでキャンセルを申出る
キャンセル出来るか確認されたら良いのでは

運が良ければ返金してもらえるし、返金不可であっても、結婚式をする前で不幸中の幸い
成田離婚なんて言葉もあります
運悪く手付金が戻らなくとも、全額支払いされる前で良かったですね

購入品が規制品であり、サイズ直しなど注文されていない場合は返金してもらえるのでは
注文書の名義が、貴方でしょうから今後支払いに付いて面倒な事態を避けるためにも
本人が、キャンセルをされますよう

k9999luckさん

2010/9/3021:56:37

一方的な婚約破棄ですのであなたは1円も負担する必要はありません。指輪のキャンセルができなかったとしてもその代償は相手が支払うべきことです。手付金2万円も取り返せますし、式場予約のキャンセル料もあなたが出しているのであれば取り返せます。さらに加えて慰謝料も取れるような状況です。

注文書類ですが、これ必ずコピーをとってから渡してください。婚約指輪を注文したという婚約を証明する重要な証拠ですので、コピーをとらぬまま渡しては相手が証拠を隠滅する可能性もあります。

b_fifty_oneさん

編集あり2010/9/3022:17:52

とりあえず、結納がまだでもそのような状態なら婚約は成立していたとみなせますので、相手は婚約破棄ということになります。

ですから、貴方は損害の賠償と、慰謝料請求をする権利があります。
まあ、慰謝料についてはよくて10万とか20万とかいったレベルですけどね。
#(追記)過去の判例によると、相場は30~200万と言ったところみたいなのでもうちょっと(100万くらい)は取れるかな#
#その辺は、状況等々によりますね#

キャンセル料や指輪の代金などはすべて相手に負担させればいいでしょう。
注文書などを渡していいのかどうかはケースバイケースですがね。

まずは、相手がどこまで負担するのか、慰謝料などはどうするのかについて、先方ときっちり話し合って、示談書を締結することです。
彼女自身とはお互い顔を合わせたくはないでしょうから、相手に(弁護士などの)代理人を立ててもらって、そういう人と交渉するなり、貴方の方が代理人を立てるなり、相手の両親などと直接交渉するなりする形でしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。