ここから本文です

※ パワステオイル(ホンダ)について教えて下さい

zat********さん

2010/9/3021:54:07

※ パワステオイル(ホンダ)について教えて下さい

当方ホンダHR-Vに乗ってます。

年式も古くそろそろパワステオイルを自分で交換しようと思います。そもそもパワステオイルとはATFと成分が同じなのでしょうか?

あと、オートバックス等にあるパワステフルードに一部のホンダ車、輸入車使用禁止と記載があり心配になりました・・

倉庫に未開封のアイシンのATF(デキシロン2)4リットル缶が有りそれを使おうかどうか迷ってます・・

良きアドバイスをお待ちしてます。

閲覧数:
12,598
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

u_r********さん

2010/10/202:20:06

フルードは基本的には 無交換 となっていますが、5万キロを越えていれば十分体感出来る程の効果が出ます。

ホンダ車の場合、必ず専用フルードで行って下さい。

シール材の違いから、ATFや社外品を使うとラック内のシールパッキンにダメージを与える可能性が有ります。

交換したのを忘れた頃に、ラックエンドブーツの辺りからポタポタと・・・・・・

勿論、添加剤も 不可 デス。 PSFの購入はディーラーでも可能です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ton********さん

2010/10/108:09:43

同一ブランド(純正)に交換する方がいい。
ホンダは特殊なことが好きな企業なので、純正が一番でしょう。
私もDIYで交換しましたが「快調」です。
せっかく交換するなら、リザーブタンクホースのアウター・インナーホースの交換をするといいですよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/step_3201_yzr/2737033.html

tak********さん

2010/9/3023:18:30

一昔前はATFと共用されていたパワステオイルですが、ここ数年ではパワステオイルとして専用のオイルが使われています。
詳しくは忘れてしまいましたが、一般的に粘度特性に違いがあり、ATFに比べ高級なベースオイルを使用しています。
また、パワステオイルの方が耐摩耗性が高く、潤滑性も高い。シール材の膨張性に及ぼす影響も低いです。
ATFを入れたから壊れたという話はあまり聞きませんが、交換直後から違和感があるという話は聞いた事があります。
私もひと昔前は基本的なメンテナンスや交換は知識と経験を得るつもりで全て自分で行ってきましたが、最近は面倒になり、妻のHR-Vは全てディーラー任せです。(自分の車だだけは未だに自分の手でメンテしていますが。。)

wac********さん

2010/9/3023:05:04

ホンダ車は、専用のパワーステアリングフルード(PSF)が指定されていますので、
どうしても交換したいのであれば、専用PSFの使用が必須です。
フルードの成分が異なりますので、ATFの使用は不可です。
(ホンダのPSFは、ほぼ無色透明で、他社のPSF(ATF)は、赤色でATFとほぼ同成分)
他の方も書かれていますが、PSFは、基本的に無交換です。

ka0********さん

2010/9/3022:03:40

パワステオイルなんて無交換で問題ない。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる