motoGPなどバイクレースに詳しい方に質問です。 ロードレース世界選手権で9回もチャンピオンになったバレンティーノ・ロッシですが、ロッシの速さ・強さは何によるものなのでしょう? 自

motoGPなどバイクレースに詳しい方に質問です。 ロードレース世界選手権で9回もチャンピオンになったバレンティーノ・ロッシですが、ロッシの速さ・強さは何によるものなのでしょう? 自 分はF1は日程もチェックしてよく見ていますが、motoGPはテレビでやっているのに気付いた時だけ見る程度です。バレンティーノ・ロッシの名前は昔から度々目にしていましたが、自分はバイクレースに関する知識が全然ありません。バイクレースの雑誌などを読んでもどうもバイクの特性などから理解していないようでちんぷんかんぷんです。 どうか素人レベルでも理解できそうな説明をお願いしたいのですが。 よろしくお願い致します。 ちなみに、今年骨折したにもかかわらずたったの一ヶ月で復帰してきたのには度肝を抜かれました。その精神力の強さくらいは理解しています!

モータースポーツ1,184閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

2

まず彼の速さの理由は、荷重コントロールが上手いからじゃないでしょうか。 それと手足が長いのを利用したマシンを抑える能力が秀でているとか。 簡単に言うと天性のバランス感覚の持ち主で、 マシンを手足のように操っているということです。 もちろん世界で戦っているライダーは全員そうなのですが、 特にロッシはそういうところが秀でてるのではないでしょうか。 それから990cc時代ではホンダRC211Vのエンジンブレーキ(バックトルク)によるリアタイヤのスライドに他のライダーが悩まされる中、ロッシはそのスライドを積極的にコーナリングに活用しアドバンテージを得ていた。(ウィキペディアから引用) ということもあり、先進的に新たなライディングを確立していったことも 大きいのではないでしょうか。 ただ彼にも数年前までは欠点があり、雨には弱かったですね。 小学2年生ぐらいのときに(2003年)NHK BSでGPを見ていたのですが、 雨のレースではスタート直後転倒自滅してセテ・ジベルナウに負けたり、 これもウィキからですが、得意なはずのムジェロでの2001年のレースでは 最終ラップに転倒したりと 雨を不得意にしているイメージが僕がまだ小さいときはありました。 ですが、ここ最近はそういったことも少なくなってきているのかなぁと思います。 雨のレースでも勝てていますしね。 あともうひとついえるのは、圧倒的に転倒が少ないことです。 今年は、転倒⇒開放骨折となりましたが、彼自身こういう怪我は ほとんど経験したことがないんじゃないでしょうか。どの時代でも彼は 転倒が少ないないライダーです。確実にレースを完走することもレースでは 大事ですからそういうところも彼の強さの秘密でしょう。 最高峰クラスで5年連続チャンピョンを獲得し(ミック・ドゥーハンも) だれよりも速い男ですから、怪我で最後の2レースを欠場するようですが、 来年はドゥカティでまた元気な姿を見せてくれることでしょう。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました! たいへん参考になりました。 回答内容を頭において今後雑誌などをもう少しよく読んでみようと思います!

お礼日時:2010/10/4 14:18