ここから本文です

法律と憲法の違いをわかりやすく教えてください

ryokutyaotoko10さん

2010/10/1719:45:25

法律と憲法の違いをわかりやすく教えてください

閲覧数:
95,295
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/10/2213:39:43

憲法は色々な法律(民法や商法刑法など)のベースになります
日本では憲法が一番偉く、法律はその下にあります
そのため憲法に反する法律があっても、その法律は無効となります


憲法にはみな平等に扱われなければならないという原則があります
したがって親を殺したら重い罪を科せられるという法律があっても、その法律は無効になります

また憲法を改正するのと法律を改正するのは難易度が違います(憲法のほうが改正しにくく、改正のための手続きも違います)
さらに憲法を改正するには限界があります
例えば基本的人権の尊重という制度を無視するような憲法に改正することはゆるされません
しかし法律は憲法が許す限りならいくらでも法律をつくることができます


一番違うのは、憲法は国民に憲法を守りなさいとは書いていなくて、公務員に憲法を守りまもなさいと書いている点です
一方国民も公務員も法律を守らないといけません
これは憲法が国民にとって不利なことを書いていなくて、憲法が公務員に不利なことばかり書いているからです
しかしそうすることによって国民が不当に人権を侵害されることなく自由に暮らすことができるということを保証できるのです
つまり
憲法→国民の味方
法律→公務員(+国民)の味方といえます

ただし僕は法律は国民も公務員も関係なく、正しい者の味方であると考えています

「憲法と法律の違い」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kazzynakaさん

2010/10/1722:05:32

簡単になりますが憲法は国家の基本法であり最高法規です。
いくら法律を作ってもその法律が憲法に反していれば
それは無効となります。
そして、法律は改正などにおいては
国会レベルで改正ができますが
憲法には、国民等の関与が必要となります。

timney3さん

2010/10/1720:46:21

何故憲法が法律よりも偉いのかと言うと、それは憲法が国民を国家から「護る」為の法規範だからです
これは封建社会の王政権力からの脱却、自由主義の発展と関係しています
ですから、憲法においては「基本的人権」の保障があり、それは他のどの法規範によっても侵せないように守られています

それに対して、「法律」以下に位置する下位法は国民の権利を「制限」することのある法規範になります
ですが、国民を護る為の憲法が最も重要ですから(自由主義的観点から)、法律が憲法に違反することは絶対に許されません

ino5589さん

2010/10/1720:17:22

憲法は法律の上位法です。つまり憲法の方が偉いのです。
むかし刑法200条尊属殺人罪という法律ががあったのですが、憲法に違反していると最高裁判所が違憲判決を下し1995年に削除された事もありました。
また、法律を作るには国会のみで立法できますが。憲法改正となると国民投票も必要になってきます、立憲以来一度も行われた事がありませんが。(この他さまざまな事があります)

2010/10/1719:51:34

憲法は国の最高法規です。憲法に違反する条約、法律、命令等は違法です。
法律は国会が決めるもの。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。