ここから本文です

予防接種の後はその部位を揉むのか、揉まないのか。

sugi_mingさん

2010/10/1912:06:37

予防接種の後はその部位を揉むのか、揉まないのか。

インフルエンザの予防接種について。
先日インフルエンザの予防接種をしたのですが、接種後に施注部位を揉むか揉まないかで論争になりました。
私は去年接種後に放置していたらその部分が硬くなり若干腫れたので今年揉んで事なきを得たのですが。。
質問しても聞く人によって意見は違います・・・

ご存知のかた、理屈もあわせて教えていただけるとうれしいです。

閲覧数:
28,817
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moeloveweさん

2010/10/1921:50:34

皮下注射はもみません。
一般的にもむのは筋肉注射です。

筋肉注射はもむことで吸収を良くし、しこりになるのを防ぎます。

皮下注射はゆっくり吸収させるためと、もむことで返って組織を
傷つけてしまうのでもみません。

医師によっては針を抜いたときに一、二度軽くモむことはありますが・・・
これは液ダレの防止みたいなものです。

インフルエンザの場合(他の予防ワクチンもですが)、腫れる腫れないは
体質とワクチンの相性しだいです。

特に同じインフルエンザワクチンでも、年度によって使用株も違うので
去年腫れたけど、今年腫れない・・・とか、その逆や、
毎年腫れたり、いつもは平気なのに今年だけ晴れたりなど
様々です。

今の医療の常識として、皮下注射は「もまない」になっていますよ。

質問した人からのコメント

2010/10/19 22:14:14

皆さん回答ありがとうございます。
今年は新型を含む3株混合を摂取しましたが経過は良好です。
相性がよかったみたいです☆

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shiokerkerさん

2010/10/1916:28:20

皮下注射の場合、昔は揉みましたが、今は揉む必要はない、ということになっています。接種したところを止血するまで圧迫していれば良いです。揉む揉まないで腫れが変化することはありませんし、薬剤の吸収率にも差はありません。

kopooh7さん

2010/10/1912:53:25

薬剤会社にも確認しましたが
液だれしない程度 1、2回軽く揉み
あとは放置で良いそうです
他のかたが書いてるとおり、早く効かせるのではなくゆっくり吸収させるためです

元々皮下注射は揉まない
筋肉注射は揉む
これが一般的です

yosoyuyunoさん

2010/10/1912:23:37

筋肉注射は揉む必要あり
皮下注射は揉む必要なし



筋肉注射をした時、はやく薬液が吸収され、はやく効き目が出るようにというためのもみます。

で、インフルエンザワクチンはゆっくり吸収させます。それを揉むことで吸収速度を速めてしまいますし、揉むことで筋肉を傷めて腫れることもあります。

医師の年代にもよるとおもいますが、昔はもんだ方がいいといわれていましたが、最近、といってももうだいぶ前からですが、もまないほうがいいといわれています。

最近の指導はインフルエンザの場合もまないだそうです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。