カラスの駆除のため散弾銃が女子高生に当たったとか言うニュースがあったが カ

カラスの駆除のため散弾銃が女子高生に当たったとか言うニュースがあったが カ カラスの駆除のため散弾銃が女子高生に当たったとか言うニュースがあったが カラスなんて全国にどこでもありふれてる奴らをわざわざ一部で駆除する意味がわからんのだが。 よっぽど暇なのか?それによって民家にまで銃の傷跡がいたるところにあるらしい。 この猟友会ってのは最悪な団体だな。 のをお借りして追加させていただきます。 猟友会のじじいsとかは、あたっても無視し続けてるとかほんと最悪ですね。 猟友会の教育もきちんとやってないと絶対いつか 人を間違えてまたうちそう気がするんですが それに熊ころして金儲けしてるという噂もあるし どう思います?

補足

カテゴリーマスターのくせに口が悪いな

動物1,607閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

猟友会ってマジなんなんですか?許せません!!じじいが散弾銃ぶっ放して。猟友会の連中を猟したいです。

その他の回答(4件)

0

知識がない事案を憶測や推測などで恥ずかしげも無く論じ回答者に文句を垂らすなんてね。 ご立派な事で。 知識が無いなら調べる、そして疑問や疑念があれば聞く。学校で習ったでしょ?

0

面白い質問ですね。 都市部でもカラスの駆除は行っております。 その場合は市街地ですので鳥用の箱罠を使って捕獲しております。 東京では上野公園にあるそうです。 ちなみにカラスは害獣ですよ。 農地にある作物を食い荒らす動物でもあります。 でも、おかしいと思いませんか? なぜ猟友会がわざわざ有害駆除をしなければならないのでしょうね。 猟友会はあくまで民間団体ですよね、駆除だってほぼボランティアです。 普通駆除が必要なら国の専門職員が行うべきだと思いませんか? 要するに国は国民から税金を取っておきながら生命、財産を守るという義務があるのに怠っていると言う事です。 まあ、近年の若者意識や社会環境の変化で狩猟者は減少していますし後10~20年で猟友会は消滅する可能性が高いです。 その時に今まで猟友会に押しかぶせていた役割を誰が肩代わりするのでしょうね。 近年は天候による作物の値段上昇がありますが、近いうちに消費者は害獣被害分の代金を食費と言う形で払わなければならないかもしれません。

0

まあ、ちょっと落ち着けw 文章が支離滅裂になっていますよ。句読点もめちゃくちゃだし。 あなたのネット荒らし行為の方がよほど迷惑です。 頭が悪いよりまし。 というか、あなた、ただの誹謗中傷だよ、それ。誹謗中傷は犯罪だし。

0

自分は猟友会でもないし、親族、友人にも一人もいません。擁護する義理は何もありませんので、前もって先に言っておきます。 有害鳥獣駆除の依頼がない限り、金儲けや趣味のためカラスを打つ狩猟者などいません。カラスは都市部ではハシブトガラス、農村部ならハシボソガラスともに増えすぎています。都市部では銃を使えないのでワナ猟ですが、決して一部で駆除しているわけではありません。たまたま事故があると知れるだけです。所管官庁環境省の統計では、銃、ワナ合わせて平成19年度で106,955頭、20年度は107,136頭です。ありふれすぎているから問題で、10万頭も駆除されているということはそれなりの被害があると言うことです。10万頭という数自体が「一部」かどうかは見解の差ですね。 一方、クマの場合はほとんどがボランティアで、日当が出ることは稀です。もちろんそれで怪我しても自治体、警察は補償もしてくれません。 それにクマを撃つのは狩猟者登録していないとできません。警察がなぜ撃たないか、警官はほとんど狩猟者登録をしていないし拳銃は猟銃として認められません。正当防衛以外で撃ったら狩猟法違反になります。だから猟友会員に依頼されます。クマ撃ちなんか頼まれて、喜んで出て行く狩猟者などほぼいません。 確かに狩猟事故はあります。調査ではここ十年では年30件(自傷事故を含めてです)を超えたことはありません。全体の狩猟回数の統計がありませんので多いか少ないかは不明です。ただ猟友会会員数約15万人から換算すると年5,000人あたり1件、多いと見るか少ないと見るかは感覚の問題です。 単発の事故ではなく統計を確かめ、他の事故、事件数と比較、それから事実だけをとりあげて批判すべきは批判すべきでしょう。狩猟が単に嫌いと言うことだけならそれだけのこと、事故があろうと無かろうと関係ないはずですよね。人に意見を聞くほどのことではありません。