ここから本文です

後遺障害認定について詳しい方へ。 後遺障害申請書は医者の書き方で左右されます...

mix********さん

2010/10/2412:05:35

後遺障害認定について詳しい方へ。
後遺障害申請書は医者の書き方で左右されますか?

もうすぐ”症状固定で・・”の状態になります。
医者からも「後遺障害ですね・・・」みたいなことを言われています。認定を受けられるには、主治医の書き方で左右されるのでしょうか?
どんな書き方をしてもらえば有利なんでしょうか?
首の鈍痛、膝を強く打ち(傷の周り直径5センチくらいは感覚が鈍いです)、MRIでは軽度のヘルニア(事故の影響かわかりませんが…)、目眩、夜間の運転が苦痛(ライトの光や信号の光で頭痛に)などが残っています。
上手に書いてもらえば認定可能なんでしょうか?
弁護士特約もついているので使う予定ですが・・・。アドバイスお願いします。

閲覧数:
912
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sam********さん

2010/10/2412:20:14

後遺障害診断書は実際今ある症状、他覚的所見での考えられる限りの所見を素人でも理解できるくらいに事細かに記入してもらう必要が有ります、

例えば、ヘルニアによる脊髄の圧迫所見が実際あったとしても未記入では調査事務所は画像所見に有っても一切無視します

私も現在この事で誰が見ても有り得ない認定で泣いています、まあ異議申し立て、訴訟で決着はつけますが。

医者は医者同士での通常の診断書の記入の仕方の常識が自算会にも通用する等という幻想を未だに抱いています(これは医者の責任では無いのですが)ですからこれで充分などと言う事を平気で良い、患者が必要性を訴えたても無視する場合が有ります

しかし引き下がってはいけません徹底的に自分が見ても納得いく情報量を記入してもらいましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sik********さん

編集あり2010/10/3121:32:29

まず、
膝はストレスレントゲンが絶対に必要です。
医師が膝を押し込んだり、引き出したり、
更には膝を30度曲げた状態で外から押したり、中から押したりします。注意するのは膝を伸ばした状態だと陽性になりにくいのです。
それと、立った状態での前から見た膝のレントゲン。90度曲げた状態の膝のレントゲンも必須何故?ストレスレントゲンと比較します。
膝のMRIも必要です。

首はMRIでの検査が必要です。
もしかしたら頚椎が損傷、神経を圧迫しているのかも知れません。何番目が損傷して居ましたか?
目の検査も必要だと考えます。
スパーリングテストも必要です。医師が首を左右前後に動かし、痺れる或いは症状が出る方向が画像と一致するのか?

色々勉強する事が多いです。
気軽に症状固定にしないで、まず、己で勉強する事です。

後遺障害認定は医学の常識に反するほどに厳しいです。
主治医の書き方と、画像が一致しませんとアウトかも知れません。

考えるほど甘い世界ではありませんから、とりあえず、しっかりと治して貰いましょう。誤診も多いです。自腹を切ってでも、自分の保険を使ってでも他の病院で2重、3重に検査をしてから「後遺障害診断書」作成が良いような気がします。

KT1000或いはKT2000の数値も必要です。
論文では3ミリまでが正常。
9ミリで再建術の報告もありました。

nay********さん

編集あり2010/10/2412:37:11

病院にも依るようです。後遺症申請のし過ぎ?治療が下手?あまり書きたがらない。治りそうも無い場合さっさと言ってくれれば、無駄は無いでしょう。もれなく、?十四でさえ認定されない事も有るようです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる