ここから本文です

ファインダー視野率とトリミング

sal********さん

2010/10/2418:04:04

ファインダー視野率とトリミング

デジタル一眼から写真を始めたばかりに、ファインダー視野率というものが然程気になっていませんでした。多分自分が使っていたのは95%だったのですが、その5%は全く苦になりませんでした。

しかし、RIcoh GRD iiiに外部ファインダー(外部社の代物)をつけて撮影したとき、3:2で撮影する方は全然パララックスはないよという知人の意見を聞いて安心していたのですが、予想以上にズレが生じて戸惑いを感じたのを覚えてます。

でも思ったのですが、ライカなどのレンジファインダー機などを愛用してきた写真家さんは沢山いると思いますが、視野率85%とか当たり前の世界なんですね。それでいてノートリミング主義の方とか凄いと思いました。割り切って撮影しているか想定して撮影しているかの二択になるわけですから…。

そこで思ったのですが、フィルムの一眼でない機種を愛用してきた、愛用している方々はやはりトリミングされてますか?フィルムカメラを扱う方はトリミングは当たり前と言われたので、そうなのかと、知らない世界でしたので…。

余談ですが、デジタルと違って、そんなに画質に神経がいらないのかなって思いました。トリミングといってもその余計な“僅か”をトリミングするわけですし…。

閲覧数:
826
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pho********さん

2010/10/2420:48:14

プライベートな写真は100%トリミングなしの黒縁付です。(撮影時の判断で切るのは別として・・・・)
メインはフジカ690なんですが。
ライカは撮影距離で視野率が変わりますので慣れが必要ですね。まあ、ファインダー枠の外側も見えているということで逆に一眼レフより解りやすい面もありますよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oto********さん

編集あり2010/10/2722:30:28

大工さんは、図面と素材だけで家を建てます。ですがそこには経験や知識により無数の計算があります。気候や季節により鉄や木材は伸縮します。また段取りも大切です。ただ図面どおりに裁断して組み立てると大変な事になります。同様に、アナログを使うカメラマンは、絞りとシャッタースピードとシャッターチャンスだけで写真を写してはいないと思います。トリミングは高くつくので?まずは考えていないと思います。悪気の無い質問だとは思いますが、少しむかつきました。

los********さん

2010/10/2513:07:23

フィルムカメラを扱う方はトリミングは当たり前と言われたので、。。。。。それはちょっと私の経験や教えられたことと違いますね。
多くの写真は35mmが使われます。 そして写真クラブやコンテストでは4つ切り以上のプリントが要求されます。
小さなネガから大きく伸ばし質の良い画質を得る為には少しでもトリミングしないことです。仮にレンジファインダーカメラを使っても練習に練習をつんで目的の物を画面いっぱいに取ることを練習したのです。これはデジタルカメラでより大きい画素を望むのと似てます。
ゆえにプロ用一眼レフはファインダー100%なのです。 安い物が96%とか低いのはたった4%でもペンタプリズムやミラーサイズが大きくなりコストがかさむからです特にミラーの大きさはシャッタースピードと密接な関係が有ります。
ズームレンズの無い頃自分のカメラのレンズを周知してて景色なら此処と決めたらその位置でばっちり画面一杯に、ポートレートでも105mmで上半身ならモデルから何歩離れてと身体で覚えさせられたのです。
但し例外として35mmフィルムは2:3の縦横の比率ですが6つ切り、4つ切りの紙の縦横の比が違うのです。これにあわせなければならないので長いほうを切り捨てる事になります。

tow********さん

2010/10/2503:48:48

皆さんの回答に無いところで、フィルムの場合デジタルカメラと違って撮影した結果がすぐには分からないというのがあります。
よほど精密に構図を決めてじっくり撮影するのでもなければ、現像が上がった時にはファインダーでどう切り取ったかの細かいところは忘れてしまってるからノートリミングでも気にならないと言うことも多いのでは。
私は単焦点メインで使うこともあり、デジタルだろうがフィルムだろうがトリミングは気にしない主義ですけど。

dog********さん

2010/10/2423:16:08

ノートリ派です。機械焼きでない限り、常に余白均等です。それでも実用上は問題ありません。

きっと質問者さんも理解されてるかと思いますが。。そもそも一眼レフ的なファンダー視野率と、レンジファインダーやビューファインダーのようなファインダー視野率って、ニュアンスが違うのです。一眼が「撮影レンズそのものの撮影領域の何%が見えるか」について数値化しているのに対して、ビューファインダーの視野率は、「撮影領域とビューファインダーで見ている領域が、何%被っているか」なので。

正直、最初からビューファインダーは当てにしてない人も多いかと思います。仮に100%であっても、何メートルで100%なのかも関係してきますし。。(RF機やビューファインダーが距離によって視野率変わるのはご存知かと思いますが。。)あと、ライカというかレンジファインダーの構造上、そうそう近くには寄れないのです。現行のM9で0.7mが距離計連動する最短撮影距離かと思います。もともと、ある程度被写体との距離がある前提の機構ですので。

昔の、それこそライフなんかの写真見ると、案外近距離で撮影されてる写真が少ないことに気づくと思います。レンジファインダーと一眼では、撮影スタイルそのものが違うのです。なので、ファインダーってあまり気にならないというか、問題になりづらいです。一眼レフとの差が理解できていれば、実際に撮るときに対策というか、ある程度の結果の予想が出来ます。ただ、レンジファインダーでマクロやれ、といわれたら。。お手上げです。。

慣れるまでは、非常にめんどくさいです。なんでレンジファインダーが一眼レフに取って代わられたか、ご理解いただけるかと思います。。

というか、知人の方が間違ってます。。「遠距離ならパララックスないよ」なら正しいのですが。。

プロフィール画像

カテゴリマスター

bel********さん

2010/10/2420:52:07

イーゼルマスクやネガキャリアを使うだけで押さえの部分で何%かはロスするんだから、そんな細かな事を気にして作業はしませんよ。

実作業をせずにカタログスペックばかりを見て話をする人以外は当然の許容範囲だと思っていますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる