ここから本文です

地質時代の地球とは?

elt********さん

2010/10/3021:12:28

地質時代の地球とは?

この前、授業の課題で、

「現在の地球環境が地質時代の地球と生命の相互作用によって成立したことについて、自分が思うことを述べよ。」
というのが、出されました。

生命の相互作用が現在の地球を成立させたことはわかるのですが、どうして地質時代の地球が現在の地球環境を成立させたのかイマイチわかりません。だれか教えてもらえませんか。

閲覧数:
316
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/10/3100:39:51

大気組成をまるっきり変えてしまうくらい

生物が働いたんですから、そりゃ影響大きいですっ!

そのことを話してやれば教授は泣いて感動しますっイノシシ時代

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mot********さん

2010/10/3119:01:07

「地球と生命の相互作用が現在の地球を成立させたことはわかる」 のですから、 地質時代で、地球と生命の相互作用があったと思うものがあり、 それが 現在の地球を成立させたことがわかるのならば、そうした事柄の拾い出しまでは順調なのでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
授業の課題は、 「どうして地質時代の地球が現在の地球環境を成立させたのか」『自分が思うことを述べよ』ですね。

提案
①「どうして」という理由や目的のことは無視して、 地質時代に起きた地球と生命の相互作用の結果が、現在の地球環境に残っているものを書き出します。
酸素や二酸化炭素のようなガスのことでも、鉄鉱鉱床や石灰岩、石炭層、「バージェス頁岩、地中の天然ガスでも、 オーストラリアに見ることができる生物進化のことでも、生物分布の分布境界線のことでも、 グレートバリアリーフのような珊瑚礁のことでも、生物が作った物質を自然が溶かした中国桂林やカルスト地形でも、

②次にそうした影響が起きた時代をおよそ想定してみます。300万年より前らしいということなら、それで良いです。
その影響結果が、その後300万年(あるいは何億年)も消えないで残って現在の地球環境の一部になっていることを しっかりと認識します。

③(地球⇒生物、生物⇒地球の大昔に起きた相互影響結果)を現在も認識することができるのはなぜでしょう。
地球が今もあること、人間がそれを調べる知性を持っていることは、一番重要ですが、一旦できた(出現した)影響結果が その後現在に至るまでの間に消えていれば、現在の地球環境には絶対になりません。
授業の課題が、②や③を問題にした課題であるという前提で、ここを書いているのです。
前提が違っていれば、意味がありません。 (①は、授業の課題の前提であって、課題はその先だとみています)
20億年前の先カンブリア紀の縞状鉄鉱層形成期、5億年前のカンブリア紀、4億年前のシルル紀、完新世まででも、時間は長いし、 ものすごく大きな変動がたくさんあります。その間に、過去の影響結果がたくさんある中でもう消滅してしまったことも 多いでしょうが、現在も地球環境の一部になっているものはたくさんあります。
消えないで残っているには、それぞれの理由があると思います。
酸素が消えてしまわなかった、海から水が消えてしまわなかった、高温ですべてが消滅しなかった、 生物が残っているのだってすごいです。
(生物が地球上で出現したのも奇跡ですが、今でも生き残って、これだけたくさんの種類が現存するのも奇跡です)
植物でも、動物でも、原生生物、菌、モネラも、生物が1系統1種でなくて、古い種から最近出現した種まで、 (たくさん絶滅していますが)たくさん出現し、それが残っているのは、残れる条件が続いていたからです。
石灰岩はなぜ今もあるのか、石炭や鉄鉱鉱床はなぜ消えないで残っているのか、砂漠や寒帯、熱帯にも、海中にも、 地中にも、それぞれ植物や動物、菌類などが今も残っているのか、一つの理由ではないでしょう。

今も現在の地球環境に残っている理由を考えてまとめるためには、なにか一つテーマを選ぶことが重要です。
調べたり、考えたりする上で、やりやすいテーマを選びましょう。
バーチェス頁岩や大気中の酸素、鉄鉱鉱床、石炭層などが残っている理由を調べるのは大変だと思うので(後記注参照)、 環境変動で消滅しやすい生物を対象にしてはどうでしょうか。

④例えば、 生物種としては地質時代の環境だから成立進化した類似生物で、 ある種はその後絶滅し、ある種は現存している種があればその違いはどこで発生したしたのかを調べて まとめてはどうでしょうか。
その違いが生まれた原因(とあなたが思う)ことをメインテーマにして、地質時代にこれが当時の環境の結果、 A生物、B生物が出現したが、Cが原因となってAは絶滅し現在の地球環境にいない(現在の地球を構成していない)。 しかしB生物はDという要素を持っていたためCでは絶滅せずに生き残り現在の地球を構成しているというような まとめではどうでしょうか。


(酸素が大気中に現在も高濃度で残っているのは、海中や陸上に酸素を排出する植物が絶えたり極度に減少せずに生存し続けているからだ)(酸素を排出する植物が現在まで大量に存続しているのは、地球の気候や地球に注ぐ太陽光が植物の生存限界内であったからだ)と言うような言い方はできると思いますが、何かを調べて自分の考えをまとめるとは言わないので、課題提出には向かないと思います。
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/taikitokaiyonorekishi.htm
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technol...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる