ここから本文です

英語の勉強について。 私は中学時代から英語が嫌いでまともに勉強してきませ...

mam********さん

2010/10/3101:56:45

英語の勉強について。


私は中学時代から英語が嫌いでまともに勉強してきませんでした…
ですが大人になるにつれ、英語に興味を持ち真剣に英語を取得したいと思うようになりました!!

といっても基礎からなってないので、基礎から学べる英語の本を買い一通り終わらせました。
今自分が凄く感じるのは英単語を知らなすぎることです(/_;)

なので今は英単語の本を買い単語を勉強中です。


私は勉強は苦手でしたし勉強に関しては特に自分に対して自信を持てません…
ですが、勉強をするならば目標をたてなければと思いました。
夢のまた夢ですが、英検1級とか最上級レベルを目標に頑張りたいと思っています!

こんな私なので短い時間でなんて全く考えておらず何年かかっても目指したいと思いました。

それを取得したところでどうなるか、何も変わらないかは解りませんが兎に角挑戦したいです。

そこで、現在は英単語を勉強中ですが英検などを目指す場合は英検○級の本を買って勉強すればいいのでしょうか??

正直どうやって勉強していけばいいのか解らないでいます;
参考書を買ってまずはそちらから勉強した方がいいのでしょうか??

無謀な挑戦ですが、勉強法についてアドバイス頂けたら有り難いです。

閲覧数:
1,752
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

car********さん

2010/10/3104:34:25

【英語の学習法について】

英語を聞いたり読んだりして理解するにも、話したり書いたりして表現するにも、英語の単語や熟語、文法などについて知らなければいけません。
ですから、できるだけ多くの単語や熟語を覚え、文法を身に付ける必要があります。

そう考えると、「単語の本を買い単語を勉強中」というのは一見、正しい学習をしているように思えます。しかし、どのような単語の本ですか?英語の単語が、日本語の訳語と一緒にリストになっているものですか?
単語の綴りと発音を覚え、それに相当する日本語訳を覚えればそれでいいのでしょうか。

たとえば、break という単語があります。単語帳で「break (ブレイク)= こわす」と覚えて満足したとします。でも、これではbreak the radio 「ラジオを壊す」のような表現はできたとしても、break bread 「パンをちぎる」、break my arm 「腕を折る」、break my heart 「胸を痛める」、break a twenty 「20ドル札をくずす」、break the world record 「世界記録を破る」…などの表現までは使えるようにはなりませんよね。
別の例を挙げれば、「strong = 強い」「rain = 雨」と覚えていると、heavy rain 「強い雨」といった正しい表現には辿り着きません。英語では strong rain とは言わないのです。

このように英語には英語の表現方法があります。ですから、単語だけを覚えても使えないのです。

できれば、上記で挙げたようなフレーズで覚えたほうがいいと思います。たとえば、アルクの「キクタン」シリーズは、単語、フレーズ、文の3つが載ってあり、それぞれに日本語訳が付いているのでおすすめです。

しかし、それでも十分ではありません。文のなかでどう使うかは文を知らなければいけません。じゃあ、フレーズじゃなくて、文で覚えればいいのかというと、文だけでは、相手の質問にどう答えるかや、自分のした質問にどうやって返事が返ってくるかといったことが分かりません。それならば会話や文章のなかで覚えるといったことになりますよね。

初期の段階では、会話文や文章の暗唱はかなり効果を発揮します。とはいえ、読むもの聞くものすべてを丸暗記するわけにもいかないので、何度も音読を繰り返して、口慣らししておくだけでも全然違うと思います。あとは、フレーズで単語を覚えたり、文法を学習したりして、補えばいいのです。

学習法のメインは、難しくない会話文や文章を読んだり聞いたりすること。それを音読して身に付けます。
それに加え、フレーズでの単語や熟語の学習、それから文法学習を加えれば、ある程度の力が付いてきます。

具体的には、まずは中学校の英語教科書がいい教材になるはずです。単語や文法が難しすぎて、英語の勉強がはかどらないということがなく、ちょうどいいレベルだと思います。教科書ガイドという、教科書本文とその日本語訳や解説がついた参考書を、CDとともに買って学習することをおすすめします。また、NHKラジオの英語講座、「基礎英語」もおすすめです。HPでも聞くことができますので、ぜひ。
文法学習は、中学生向けの文法書など、簡単なものでいいと思います。
『くもんの中学英文法』(くもん出版)、『組み立てる英文法』(桐原書店)、『高校総合英語Harvest』(桐原書店)などは分かりやすい文法書だと思います。『ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本』(幻冬舎)や、『これで話せる!英語のバイエル 初級』(NHK出版)など、ユニークなもののなかにも、分かりやすいものがあります。

英検については、実力が付いてきたら、過去問などを解いてちょっと対策すればいいのではないでしょうか。英語学習の目的を英検にしないことが重要かと思います。あくまでふだんの英語学習の成果を発揮する機会と捉えてはいかがですか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dmg********さん

2010/11/601:25:18

英検よりTOEICの方をお勧めします。
まぁ僕の主観ですが。

さて英語初心者がネイティブ並になるには、平均3年かかるそうです。
なので、質問者様が余り急が無いのであれば、3年を目安にしたらいかがでしょうか?
やりようによっては半年くらいでなんとかなったりしますがね。

さて勉強法ですが、質問者様が英語の習得及び資格の取得に重点を置かれているので、必要で有ろうと思われる条件をだしてみました。
・約8500の英単語の習得
・約1800の英熟語の習得
・英文法の理解
・英文解釈の技術
・英作文の技術
・英語長文の読解力
・速読(一分に100〜120単語)
・正しい発音
・ひたすら英語を喋る
こんな所でしょうか?
多いように感じられるかもしれませんが、英語の勉強一つに上記の条件が幾つも含まれているので大丈夫です。
これらをやる為に僕は、受験勉強をお勧めします。
日本の英語勉強はダメだとか言われますが、そんな事はなく、基礎に関してはかなりガッチリしてます。
ただ直ぐに喋れはしないだけですw
と言うわけで、今の受験生がやっているような勉強で、センターレベルまでいったら、英会話教室に通い、そこで英検対策を相談されるといいと思います。

fla********さん

2010/11/600:06:19

せっかくやる気が出ているところの出鼻をくじかせていただきますが、初学者が英検1級の習得するにはおおよそ10年かかるといわれています。
何千、何万時間を英語のためだけ(といってはいいすぎかもしれませんが)に消費するのです。まず、そういった事実を認識し、覚悟を決めることが必要だと思います。
簡単に「ペラペラになれる」などという甘言を持ち出す悪徳業者にだまされないためにも。

勉強方法についてですが、それは英語の中で最も伸ばしたい能力、あなたが英語を見につけたい理由により変わると思います。

資格が動機で英語の習得も目指したい(就職・ビジネスのための英語)といった理由ならば、資格用の問題集を主軸としてやっていけばいいと思います。
ちょうど、学校のテスト勉強や受験勉強といったやり方に似ています。こう言うと世間ではなぜか文法なんて、ペーパーテストなんてと批判されますがちゃんと英語の能力を養成することが可能ですよ。
問題を解くことが主軸ですから、「難解な文章のリーディング」、「リスニング」といった能力が養成されます。

一般的に「英語ができる」といわれるような英会話の能力を養成したい場合、丁度「英語上達完全マップ」というサイトをご覧になられるとよろしいかと思います。
英会話をできるような勉強というのはリーディング、リスニング、スピーキング・・・などさまざまな能力がバランスよくあがります。

ket********さん

2010/10/3118:13:17

英会話と英語は違うんですよ。
英検1級を取得しても外国人とペラペラ会話できるわけではありません。


英検1級を目指されるということは、誰か生徒を持って
将来英語を教えることはできるでしょう。


それを目指されているのか、はたまた英会話ができるようになりたいのでしたら、勉強法は全く違ってきます。


受験英語(英検○級)には基礎は大切ですが
英会話には、基礎はさほど必要ありません。
言語は会話文の暗記が全てです。



【英会話】

①I hope that I will be a rich man.
あぃほぷだぃるびぇ ぅりぃっちめん


②She thought that he was an coward.
しそだ ひわざかわど


③There are some balls under the chair.
であ さんぼあんだだちゃぁ


④There's a million different types of girls.
でざみん でぃぷれたぷすがーるず


この発音でなければ、欧米で中3までの子供には全く通じませんよ。



【英語】

①アイ ホープ ザット アイ ウィル ビー ア リッチマン
(I hope that I will be a rich man.)


②シー ソート ザット ヒー ワズ アン カワード
(She thought that he was an coward.)


③ゼアー ラー サム ボールズ アンダー ザ チェアー
(There are some balls under the chair.)


④ゼアーズ ア ミリオン ディフィレント タイプス オブ ガールズ
(There's a million different types of girls.)


これじゃ、欧米で高校生以上であれば
かろうじてわかってはもらえるかなといった感じです。


このように日本は全く違うことを勉強しているのです。
音節の数と速さが違うので、まずこれだと洋楽が歌えないですよね。
洋画や外国人タレントのインタビューも聞き取れません。


日本では、NHKラジオ「実践ビジネス英語」しか
英語の正しい発音もリズムもイントネーションも学べません。
それ以外は受験対策、英会話レベルでいうなら園児向けです。

tan********さん

編集あり2010/10/3106:27:54

わたしも NHK ラジオの「基礎英語1~3」をおすすめします。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/index.html
ラジオ番組は独学者のペースメーカーとしてとてもよいと思いますよ。わたしも高校生のころから中年になるいままでずっとラジオ講座を聴いています。

単語は、とくに中高レベルの単語は、意味だけ覚えてもしかたないんです。使い方も覚えないと。ですから、あなたの場合は番組のテキストも購入なさって番組に知らない単語が出てきたら例文といっしょに覚えていけばよいと思います。基礎英語の番組で出てくる単語は日常でもよく使われる有用度の高い単語ですし、その単語の実際的な使い方も同時に目と耳から覚えられますから効率的です。

ともかく、I、my、me、he、his、him のような代名詞、do、does、have、take、get のような基本動詞、can、may、will、などの助動詞、be going to、be able to、a lot of、as well as、at once などの熟語の使い方や、疑問文、否定文、過去形、現在完了形の作り方を徹底的に理解するようにしてください。これらはどんなレベルの英語になっても死ぬほど出てきます。高校で出てくる「クジラの構文」のようなマニアックなものは当分知らなくてもだいじょうぶです。

jum********さん

2010/10/3104:53:08

>基礎から学べる英語の本を買い一通り終わらせました。

ご立派!!

在学中ならともかく、初心者にとり、英語は、非常に独学が難しいものです。読み・書き・聞くは、大変ながらも、独学は可能ですが、話す、特に会話をするというのは、難しい。

推察ですが、発音が我流になっている怖れがあります。

今からの推奨勉強法は下記2つ:
○国営放送の、基礎のものを1-2つやっみる。
----無理しない、自分に合うものを。発音と、継続にいい。
○英検●級を仮の目標にする、参考書か問題集をやる。
----目標がないとなかなか続けるのが難しいので、級もあまり無理しない)

2-3年、上記を続けると、次の学習方法も見えるかも。

>英検1級とか
10年目標としましょう。たっぷり時間を注ぐことと、少なくとも次の2年を続けること。それをくりかえす。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる