ここから本文です

素数、エラトステネスのふるい、について

yuk********さん

2010/10/3103:32:14

素数、エラトステネスのふるい、について

公務員試験の数的処理の問題の中で、1から50までの整数の中の素数をみつけなくてはいけなくなったのですが、解説には、1から50まで書き出して、2より大きい2の倍数を斜線でけし、3より大きい3の倍数を斜線でけし、おなじように5と7もする。とかいてあります。整数から素数の倍数をけせばいいってことですよね?なんとなくわかるのですが、これしか方法はないんでしょうか?試験時間は短いのに 1.2.3.4..........50までかきだして、そのあとそんな作業をするのでしょうか?宜しくお願いします。

補足回答ありがとうございます。時間かかりますね、、あと130までの整数から素数を探す場合は11の倍数もけすのですよね?あたりまえか、、エラトステネスのふるいはじめてしったのでつかいこなせるかな、。

閲覧数:
621
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

試験に備えて勉強するのならば,ゆっくり表を書いて,消していけばいいのです。2回もやりゃぁある程度覚えるでしょう。これは素数に関する基礎知識として,必須の作業です。


試験本番でやるなら,1つずつ素数かどうかを考えたって,200くらいまでならあっという間に終わります。
2,3,5,7,11,13,17,19位は中学生でも覚えなきゃならんから,覚えて当然。
それ以降は,「奇数で3の倍数でも5の倍数でもない数」についてだけ調べればいい。
3の倍数はナベアツ方式で「にじゅういち,23,25,にじゅううなな,29,31,・・・」と3個おきに出てくるから簡単だし,5の倍数がわからない人はいない。

そうすれば,あと気をつけなけりゃならない数は,
49,77,91,119,121,133,143,169 これだけ。

こうやれば,考える時間はほとんど無いと一緒だと思いますが・・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ash********さん

編集あり2010/11/102:01:29

現代の数学では他に方法がないと思いますよ。素数を求める煩雑さから暗号に利用されるくらいですから。
50ぐらいまでなら暗記できますけどね。
エラトステネスのふるいは手間を惜しまなければ確実に答えがでますし、問題にバリエーションの作りようがないので、出題されれば確実に得点を稼げるおいしい問題だと思いますよ。
11の倍数の件は121が消えないので、必要ですね。
その数の二乗が探す範囲を超えるまでは確認が必要ですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる