ここから本文です

ウィーン会議ではなぜフランスはアンシャンレジームへの復帰を主張したのでしょう...

tor********さん

2010/11/310:35:12

ウィーン会議ではなぜフランスはアンシャンレジームへの復帰を主張したのでしょうか?

閲覧数:
308
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kieros2005さん

2010/11/310:49:51

ウィーン会議はナポレオン帝国の解体をどうするかの会議です。ナポレオンには被害をこうむったと感じる諸国が集まって会議してるんですから、ナポレオンの帝政に戻るはずはありません。そしてナポレオン帝国はフランス革命を土台にしています。これは王政をもつ諸国の王侯・貴族にとって唾棄すべき体制でありました。だから旧体制(アンシャンレジーム)に戻ろうと言う力学が働くのはむしろ当然です。この会議の主役はフランスのタレイラン外相とオーストリア宰相のメッテルニヒの狐と狸の化かしあいのような交渉でした。タレイランは悪の宰相と言われるぐらい悪者ですが結果はフランスを救いました。勃興するプロイセンの危険性を訴えて、フランスの生き残りを勝ち取ったのです。そしてタレイランはナポレオンにもおべっかを使いましたが、れっきとした貴族で、鼻持ちならないほどの貴族としての誇りをもっていました。共和制などクソ食らえ、という精神です。

質問した人からのコメント

2010/11/9 08:29:02

降参 よくわかりました、ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gen********さん

2010/11/423:30:48

王政が復活していたからです。

革命前の王政時代の体制を「アンシャン・レジーム」といいます。
ナポレオンが敗れ、革命でフランスを追われた王族や貴族たちが戻ってきた時期にウィーン会議が開かれているのですから、フランス政府がアンシャン・レジーム復活を望むのは当たり前です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる