ここから本文です

再生不良性貧血の治療で、扁桃腺の手術をすることはありますか?

lah********さん

2010/11/312:27:11

再生不良性貧血の治療で、扁桃腺の手術をすることはありますか?

閲覧数:
462
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kod********さん

2010/11/314:56:31

ありません。

再生不良性貧血は、骨髄での造血能力が落ち、末梢血で白血球減少、貧血、血小板減少を来す疾患です。
輸血を必要としない軽症例では、経過観察をすることが多いです。免疫異常によって造血が落ちている場合は、シクロスポリンや抗胸腺細胞グロブリンなどの免疫抑制療法をおおないます。
重症例では、移植の適応があれば(年齢、同胞ドナーあり)、同種骨髄移植を行います。

扁桃腺摘出術が治療になる疾患としては、IgA腎症といって、扁桃腺炎と関係する原発性の糸球体腎炎で、扁桃腺摘出術とステロイド治療を行います。

質問した人からのコメント

2010/11/9 18:26:44

降参 ありがとうございます。
助かりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる