ここから本文です

給水設備について。 ①給水方式においてポンプ直送方式と圧力水槽方式の違いはな...

tet********さん

2010/11/322:20:14

給水設備について。

①給水方式においてポンプ直送方式と圧力水槽方式の違いはなんですか?

概要などを見れば圧力水槽方式のほうがマイナスなことばかりのような?
どちらも中~大規模建物に適するというとこでポンプ<圧力の差があるってことなんでしょうか?


②ウォーターハンマーとは?

旧閉鎖した時に生じるってことは次開けたら直るってことじゃないんですか?

閲覧数:
21,482
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

設備専門の方から追記があるかもしれませんが、

①給水方式においてポンプ直送方式と圧力水槽方式の違いはなんですか?

どちらも直結増圧ポンプ(直結ブースター)方式についてのことではなく、受水槽方式についてのことであれば、ポンプ直送方式は受水槽に貯めた水をポンプで配管により蛇口などまで圧送しますし、圧力水槽方式の場合は受水槽から圧力タンクを介してその高めた圧力を使い配管により蛇口などまで圧送します。

よって、ポンプ直送方式の場合は停電すればすぐに水はとまる点や、常にポンプを廻して圧送しないとなりません。逆にポンプを制御することが容易なので適切な圧力や流量があまり変化せず得られます。
圧力水槽方式の場合は圧力タンク内の圧が高い状態であれば停電してもある程度水が流れて圧が低下するまでは水が流れます。又、圧力が低下した時にポンプを廻せば良いので直送より経済的な場合がある事や高い圧力の水が欲しい設備の場合、配管などが対応してれば圧力を高めやすいです。逆に、タンクの圧力の上下の制御が難しいので水圧の変動が大きめになるなどの欠点があります。

ポンプ直送方式というのが受水槽方式ではなく、最初に書いた直結増圧ポンプ(直結ブースター)方式の意味のことなら、基本的にこれは水道管から受水槽無しで配管の途中に水の圧力を高めるポンプをつけているだけで、普通の水道管から受けた水は地域により違いがありますが圧力的に2~3階ぐらいまでしかまともに上がりませんので低層の一般住宅では良いですが中高層やなどでは上に上がらないことを補うのに使われます。
受水槽が要らず吸水設備がコンパクトに納まる事や、受水槽の衛生管理などの問題が出ません。替わりに、災害時など、すぐに水が停まり、受水槽も無いのでそこにも余剰水が残ってる事も無い状態になります。

大きな建物では大量に水を使うと本管の圧力が下がりますから直結方式ではポンプの使用の要否によらず、引きこみの管径などが制限を受けることがあり、受水槽方式なら一定の給水量で一度タンク側に貯めておきますからこの周辺地域の急激な圧力低下が起こりにくいです。


②ウォーターハンマーとは?

開けたら直るというか、締めた瞬間に起こるので質問はあまり意味は無い気はしますね。

ようは慣性の法則で、勢い良く走ってきた車が塀にぶつかると大きな音がして塀が壊れるのと同じ現象です。配管曲がりが多くあるとか急に細くなってて、そこに水をいきなり通しても曲がり角でぶつかって同様な現象が起こりますが、水道管では最初以外は普通水で満たされてますから、動いてるものをいきなり遮断することで圧が高まって起こります。

当った瞬間に急激に圧が高まるので、その後開けても、壊れた塀をのける様なものであまり意味は無い事は解ると思います。ゆっくり締めるか、締める時に圧力を抜いてやる装置などをつけるかしないと意味が無い。

最近は減りましたが昔の建物でスチーム暖房をしていた学校や庁舎などでは、スチームを流すとカンカン音がして、スチームハンマーというウォーターハンマーの一種が起こりますが、これは熱で配管などが伸びることによる場合以外に、高温の蒸気が冷たい配管に通る時に内部で急激に冷されて水になり、同時に圧力が下がった部分がでてそこへ水が引っ張られて急に流れて当る事で起こります。

質問した人からのコメント

2010/11/4 07:33:09

丁寧な説明ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

con********さん

2010/11/401:01:56

住宅カテのほうが専門家が多いと思いますが,わかる範囲,私見ですが...

「ポンプ直送方式」と「圧力水槽方式」では,どちらも「受水槽」が必要になりますので,「圧力水槽方式」の方がマイナスということは考えにくいです。むしろ「圧力水槽方式」は,停電時(ポンプ停止時)でも「圧力水槽」の水(空気圧のかかった水)がいくらか供給されますので,初期投資を除けば,受水槽のスペースは必要であることから,むしろプラスのように思います。
「増圧直結方式」であれば,「階数に制限はありますが」,受水槽を要しませんので,スペース,衛生といった点でプラスはあります。

ウォーターハンマーは,洗濯機の水が急に止まる時に,「ドン」と音がするように,圧力がかかっている水が急に止められる事による→慣性力が衝撃力となることを言い,時に設備を破損することがあります。「水衝作用」とも言います。

簡単ですが,夜分失礼しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる