ここから本文です

野毛・はけ・ママ(間々・真間)どこがルーツ? 検索しましたら、 崖や河岸・扇...

gen********さん

2010/11/902:06:37

野毛・はけ・ママ(間々・真間)どこがルーツ?

検索しましたら、

崖や河岸・扇状地段丘のことを下記のように、地元(方言・地名)では云う様ですが、

東京近辺の
世田谷や川崎・横浜では 「のげ・ヌゲ・んげ」。

国分寺や小金井などでは「はけ」。

山梨(山中湖)・千葉(市川)や愛知県(尾張・三河)・国立市では「ママ・まんま(ば)」。

…と呼ぶようですが、
他の地域ではどうでしょうか?

それぞれ 何処が起源の地で、ルーツは何語(弁)なのでしょうか?

何かヒントはないでしょうか?

補足皆さん有難うございます。ルーツというか 伝播ルートはどう考えられますか?
野毛ルートは特に特殊だと思いましたが…

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,325
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ok_********さん

編集あり2010/11/1415:38:27

……まま・ハケ・野毛 で、それぞれ古い言葉で調べましたら、確かに崖(がけ)とか坂とかで、全部繋ってますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%96
崖:日本の古語・方言欄

…これは、盲点研究ですよ。うらやましいです。

まま【崖】
急な傾斜地。がけ。また堤のくずれた所などもいう。「足柄(あしがり)の―の小菅(こすげ)の菅枕あぜか巻かさむ児ろせ手枕」〈万・三三六九〉

主な【まま】地名=所在地

・真間川=千葉県利根川水系一級河川
・真間=千葉県市川市
・欠真間=千葉県、古くは市川市行徳、浦安市と東京都江戸川区
・大間々町=群馬県山田郡、現みどり市大間々町
・大間々河岸段丘=栃木県矢板市
・ママ下湧水=東京都国立市谷保
・白ママ断層=東京都新島村羽伏浦
・満々下=山形県寒河江市日田満々下ままのした
・間々下温泉=東京都新島村間々下まました
・間々野貝山=福島県南会津郡只見町
・ママの森=山梨県南都留郡山中湖村長池
・間々下=山形県斎藤川原間々下
・間々川=山形県米沢市 最上川水系河川
・間々下遺跡=山梨県甲斐市大字志田字間々下
・間々=愛知県小牧市間々本町、=三重県桑名市長島町間々
・墹之上遺跡=静岡県伊豆の国市墹ノ上
・儘(ノ)下=秋田県秋田市新藤田字儘ノ下、=同県能代市大瀬儘下、=福島県喜多方市熱塩加納町山田儘ノ下、=山形県東田川郡庄内町堀野儘ノ下
・圸の上=山形県長井市
・真々川=福島県大沼郡会津美里町真々川
・真々部=長野県安曇野市豊科高家真々部
・万々=高知県高知市万々(まま)
・万々金=大分県日田市万々金(ままがね)
・間々田駅=栃木県小山市乙女、東北本線の駅
・高間々=山形県鶴岡市遠賀原高間々
・ヤケノママ=福島県耶麻郡猪苗代中津川の上流

はけ【崖】
…他に〈ほき、ぼけ、ぼっけ)読みもあったようですね。
ほき‐じ【崖路】
山腹などの険しい所にある道。がけ道。「吉野山―づたひに尋ね入りて花見し春はひと昔かも」〈山家集・上〉

【ハケ はけ】
塗る作業道具⇒刷毛、
転じて商品等が滞留せずに流れる(売れる)こと⇒捌け
崖(がけ)の古語・方言
主な【はけ】類 地名=所在地/読み
・?(土へんに赤)下=埼玉県狭山市はけした
・大?(土へんに赤)=同川越市おおはけ
・大?(土へんに占)=同所沢市おおはけ
・はけの道=東京都狛江市
・羽毛ノ下=東京都調布市はけのした
・北方町=千葉県市川市北方町ぼっけまち


のげ【野毛】崖。「芒のぎ」の音変化
【芒】
[音]呉音 モウ(マゥ)
漢音 ボウ(バゥ)
[訓]のぎ、すすき
①イネ科の旧称。
花弁なく二枚の苞(ほう)で包まれるイネ・ムギ・アワなどの穀類やススキ・アシ等。
②イネ科植物の穎(えい)の先端にある針状の突起。
③切り箔(はく)の一。金箔・銀箔を細く切ったもの〈「禾」とも)

【禾】
[音]カ
[訓]いね、のぎ
①イネ ワラ。また穀物の総称(芒)。
②稲・麦などの実の外殻にある針状の突起。

【禾偏】のぎへん
漢字の部首の一つ
【禾穀】かこく
穀物の総称。稲・麦・粟(あわ)・稗(ひえ)・黍(きび)・玉蜀黍(とうもろこし)など。

主な【のげ・のぎ・のき等】地名等=所在地
・乃木坂=東京都港区南青山/赤坂
・野毛=神奈川県横浜市中区、=東京都世田谷区野毛町
・野毛山=神奈川県横浜市西区
・柿の木坂=東京都目黒区柿の木坂(柿ぬき・駆け抜け説等あり)
・下野毛=神奈川県高津区
・上野毛=東京都世田谷区上野毛
(にげ・ぬげ・なげ等 未検索)

……禾や芒の字が 野毛 の旧字ならば随分整理されてきますね…後の二字表記・常用漢字化で改字されたのでしょうか。

…また野毛の【毛】で発展させると
群馬・栃木の【毛野(ノ)国・毛州】の名称由来に
いわゆる毛人の国からのー般説のほかに
:二毛作の毛、即ち禾本科の穀物を指す。この地域が穀物の産地であったことから毛野の名をなす。
…前記「禾・芒」の意味と同様となりますから
毛野国も"野生の稲科植物"の生茂る
"禾(カ・ノゲ)の国・又は芒(モウ)州"だった可能性が出てきましたね。

…追記……
ルーツについては、関西を除く広域に分布する事から、方言に留らず、古くに渡来した新羅・高麗語源説や縄紋言葉説が考えられますね。

参考
◆脱芒(だつぼう)とは
芒(のげ)等を取り除く作業のこと(苗を栽培するため脱芒を施した種モミが必要)。
…画像は、現代の農家でも「芒ノギ」を"ノゲ" と読んでいる例

……まま・ハケ・野毛 で、それぞれ古い言葉で調べましたら、確かに崖(がけ)とか坂とかで、全部繋ってますね。...

質問した人からのコメント

2010/11/15 00:32:18

成功 何もライフワークとも思いませんが、私なりに調べてます。今回BAさんに教わったことは、ママ野毛ハケが違う一族の言葉でもないかなと思い始めました。ママは段差地形名でハケは崖そのもの?。教えて頂いた千葉の市川には、真間と北方町(ぼっけ)の両方があるからです。紛らわしいのは、市川には北方(きたがた)という地名もあるからで、そうならママ地名の多い福島の喜多方も、元はボッケかホケか?ハケ属(笑)?!。有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sam********さん

編集あり2010/11/1417:16:41

「禾」 「芒」 「野毛」いずれも「のぎ」「のき」「のげ」「のけ」「のっけ」と読みます。

原意は イネ科の植物の花の外殻にある針のような突起で

転じて 穂先 切っ先 先端 尖端 突端 最初 を意味し

軒(ノキ) や 刺(トゲ)、「のっけから」 なども同類です。


「崖」は 「がけ」「はけ」「ばっけ」「まま」と読みます。

原意は ほとんど垂直な傾斜地で

東北 関東では 丘陵山地の片岸の事を 「はけ」「ばっけ」と言います。

「刷毛(はけ)」とは 髻(もとどり)の先端 の事なので、

結局 「野毛」「はけ」「まま」 いずれも 鋭く切り取られたような崖の先端という意味になり

そういった名前がつけられた土地は 漢字は違っても

崖や段差がある事に由来するのではないでしょうか。


補足

のげ や はけ は 崖と 似ているから その方言だとの説も納得できますが、

まま に至っては 余りにも違いすぎ もともと言語や語源が違うのではと思われます。

崖 は 本来 清水が必要条件ではなく、水が無い場合が多くありますが、

断層の切れ目から地下水が流れてきたり 湧き水があったりする事もよくあるので

水に着目すれば 真名井 と 同語源かもしれません・

聖書に出てくる マナの壷 が そのルーツかもしれないし

古代朝鮮語 百済語 あるいは アイヌ語や 南方由来の言葉かもしれません。

私も 気になり 調べてみましたが 結局 判りませんでした。

質問者さん! もし解明しようと思われるなら

ライフワークのつもりで じっくり腰を据えて 研究されてください。

そして 新しい発見があれば どうか 知らせてください。

cah********さん

編集あり2010/11/904:41:16

野毛
古く「ノゲ・ニゲ・ヌゲ・ナゲ」は「崖」を意味する言葉
はけ
ただの崖や斜面を指しているのではなく、崖下から清らかな地下水が湧くところ
まま
まま、ママは、傾斜地、崖線、地形の崩れを指す上代日本語以来の日本の古語
、現在の方言であり、その地形を持つ日本の地名の読みである[1]。普通名詞には崖の字を当てる[1]。地名・古称あるいは土地の通称・呼称等の固有名詞には真間、間々、儘、墹、真々、万々、ママ等の表記を当てる[2]。関東地方の地名に多い[2]。ママの下部には覆水による湧水が多く存在する

意味は以上のようです

関東地方の地名に多い
と書かれているので
万葉集の東歌にも出ているかも知れない
日本の中央の言葉ではない日本土着の言葉かもしれません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる