ここから本文です

財産分与について

syo********さん

2010/11/1615:25:32

財産分与について

離婚調停中です。
現在の家は土地が妻100%、家が20%私が80%の割合です
妻は土地のブロック等と土地の杭などに自分の親から500万(特有財産)
私は家の頭金に自分の親から500万(特有財産)
今回家の部分を妻に渡します家を仮に時価1000万とした時
1.私の取り分は1000*4/5*0.5+500万(特有財産分)となるのか
2.特有財産は各自の親同士でそうさいされ0とみなされるのか解りません

以上1か2かあるいわ全然違うのか教えてください

補足①土地及び建物は、それぞれ婚姻後に取得したものです
②総額いくらで取得し、それぞれがいくらを出したのか(土地は相手の親のものでありのちに妻に名義変更したものです
家は総額2500万ですローンが1500万で頭金が(私の親の500万、妻が親から500万ですので妻名義が20%です)
③住宅ローンはありません
④専業主婦なのかです一度もパート等けっこんしてからありません

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
589
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aba********さん

編集あり2010/11/1715:19:48

(1)土地は、妻の特有財産です。
(土地の取得に夫の「協力」の余地は有りません。)

(2)建物に付いては、取得額2500万円の内、500万円(2/10)は妻の特有財産で、500万円(2/10)は夫の特有財産で、1500万円(ローン部分・6/10)は夫の収入から返済し終わっているとすれば実質的共有財産と考えるべきではないかと思います。
(但し、妻の出した500万円が土地の定着物への出資だと考えれば、それは建物への出資ではないと考える余地もあると思います。)

2500万円を投じた建物の現在価値が仮に1000万円だとするならば、夫及び妻の「特有財産」は、それぞれ1000万円×2/10=200万円ずつであり、「実質的夫婦共有財産」は、1000万円×6/10=600万円であり、専業主婦のいわゆる「内助の功」として認められるべき実質的夫婦共有財産の分与額が 600万円の1~3割であると考えられます。

仮に妻への分与割合を2割とした場合には、あなたが家(の持分4/5)を妻に渡し、見返りにもらうお金は、200万円+(600万円-120万円)=680万円が相当であると考えます。

建物に投じた500万円の現在価値は200万円になっており、1500万円の現在価値は600万円になり そこから2割(120万円)を「内助の功」見合いの妻の取り分として差し引くのです。


①土地及び建物は、それぞれ婚姻後に取得したのか?
②総額いくらで取得し、それぞれがいくらを出したのか?
③住宅ローンは、有るのか?
④共働きなのか(その場合の収入比率)、専業主婦なのか?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる