ここから本文です

王将用語を教えてください!! 餃子の王将で店員さんが厨房に向かって言っている言...

tom********さん

2010/11/1917:58:20

王将用語を教えてください!!
餃子の王将で店員さんが厨房に向かって言っている言葉は何と言っているのですか?
中国語のようで中国語ではないですよね…。
分かる方教えてください。

閲覧数:
119,965
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

se_********さん

2010/11/1918:07:34

王将用語
中国語をベースにした独特の厨房用語があり、一般に「王将用語」と呼ばれる。客から受けた注文を厨房に伝える時などに使われており、大規模な店ではマイクを使って話されるために客席まで良く聞こえ、常連ならばだんだんと意味がわかってくる。店舗によっても異なるが、一例として次のような用語がある。

餃子=コゥォーテル(語源:鍋貼儿:グオティエ。コーテーと呼ぶ店もある。)
生餃子=チャウス(語源:餃子:ジャオズ)/ナマ(生のこと)
パリパリによく焼いた餃子=ヨクヤキ(「ヨクヤキでお願いします」・「コーテルイーガー ヨクヤキ」のように使う)
炒飯(焼き飯)=ソーハン (大盛りはソーハンメンテー、ソーハンダイ(大)など)
焼きそば=ソーメン
揚げそば(皿うどん)=バァリィ(麺のことを「バリ麺」と呼ぶところから。正式には「炸麺」。「炸麺」では声に出してオーダーできない為「バリ」となる)
天津飯=テンハン
中華飯=チュウドン(語源:中華丼から。ナカドンと呼ぶ店もある。)
肉とキャベツの味噌炒め=ホイコーロー(回鍋肉)
肉と卵のいりつけ=ムーシーロー(語源:木須肉:ムーシューロウ)
小エビの天ぷら=シャーレン(語源:蝦仁:シャーレン)
ジンギスカン=パーロー(語源:爆肉:パオロウ)
鶏の唐揚げ=エンザーキー(語源:軟炸鶏:ルゥアンジャージー)
酢豚=クールーロー (語源:咕嚕肉:グーラオロウ)
ラーメン=ヤナギ(柳麺=リュウメンの「柳」から。大盛りはジャンボヤナギ)
数詞

1(一:イー)、2(両:リャン)、3(三:サン)、4(四:スー)、5(五:ウー)、6(六:リュー)、7(七:チー)、8(八:パー)、9(九:チュー)、10(十:シー)
〜個=〜(個:ガー)(語源:〜個/〜箇:〜ガ。ただし、量詞ガーは省略することも多い。)
餃子1人前=「コーテルイーガー」または「コーテルイー」。「イーガーコーテル」と数を先に言う場合もあるが、この場合は量詞ガーは省略しない。店舗によって「リャンガーコーテル」=「餃子2人前を一皿に盛って提供」、「イーガーコーテルリャン」=「餃子2人前を2皿に分けて提供」といった区別をつけることもある。なお、餃子以外のメニューでは、数を先に言うことはない。餃子以外の注文数が1人前の場合は、数を省略することも多い。「コーテルイーガー、ソーハン、エンザーキー」なら「餃子、炒飯、鶏の唐揚げをすべて1人前」という意味になる。
なお、2は量詞や単位を伴わない場合は「èr(二:アル)」であるが、王将では単独でも「liǎng(両:リャン)」を使用する。
餃子2人前=「コーテルリャンガー」または「コーテルリャン」、「リャンガーコーテル」
持ち帰り(テイクアウト)の注文の場合は量詞「ガー」を省略し、語尾に「ナーホ」(語源:拿回:ナーフィ:持って帰る)をつける。量の多い場合、頭に「ナーホ通します」などと持ち帰りである事を示した上で通常通りのコールをすることがある。

餃子1人前持ち帰り=「コーテルイーナーホ」
一部の店舗では急ぎの場合は「カイカイ」を商品名の後につける。対義語は「マンマン」。ただし「特急」「急ぎ」などと言う店舗も多い。

餃子1人前急ぎで=「イーガーコーテル カイカイ」

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jon********さん

2010/11/1918:04:39

おお王将用語ですか?王将の聖地「京都」で学生時代を過ごしたものとしては黙っていられませんね。

以下はウィキペディアの引用ですが、

餃子=コゥォーテル(語源:鍋貼儿:グオティエ。コーテーと呼ぶ店もある。)
生餃子=チャウス(語源:餃子:ジャオズ)/ナマ(生のこと)
パリパリによく焼いた餃子=ヨクヤキ(「ヨクヤキでお願いします」・「コーテルイーガー ヨクヤキ」のように使う)
炒飯(焼き飯)=ソーハン (大盛りはソーハンメンテー、ソーハンダイ(大)など)
焼きそば=ソーメン
揚げそば(皿うどん)=バァリィ(麺のことを「バリ麺」と呼ぶところから。正式には「炸麺」。「炸麺」では声に出してオーダーできない為「バリ」となる)
天津飯=テンハン
中華飯=チュウドン(語源:中華丼から。ナカドンと呼ぶ店もある。)
肉とキャベツの味噌炒め=ホイコーロー(回鍋肉)
肉と卵のいりつけ=ムーシーロー(語源:木須肉:ムーシューロウ)
小エビの天ぷら=シャーレン(語源:蝦仁:シャーレン)
ジンギスカン=パーロー(語源:爆肉:パオロウ)
鶏の唐揚げ=エンザーキー(語源:軟炸鶏:ルゥアンジャージー)
酢豚=クールーロー (語源:咕嚕肉:グーラオロウ)
ラーメン=ヤナギ(柳麺=リュウメンの「柳」から。大盛りはジャンボヤナギ)
数詞

1(一:イー)、2(両:リャン)、3(三:サン)、4(四:スー)、5(五:ウー)、6(六:リュー)、7(七:チー)、8(八:パー)、9(九:チュー)、10(十:シー)
〜個=〜(個:ガー)(語源:〜個/〜箇:〜ガ。ただし、量詞ガーは省略することも多い。)
餃子1人前=「コーテルイーガー」または「コーテルイー」。「イーガーコーテル」と数を先に言う場合もあるが、この場合は量詞ガーは省略しない。店舗によって「リャンガーコーテル」=「餃子2人前を一皿に盛って提供」、「イーガーコーテルリャン」=「餃子2人前を2皿に分けて提供」といった区別をつけることもある。なお、餃子以外のメニューでは、数を先に言うことはない。餃子以外の注文数が1人前の場合は、数を省略することも多い。「コーテルイーガー、ソーハン、エンザーキー」なら「餃子、炒飯、鶏の唐揚げをすべて1人前」という意味になる。
なお、2は量詞や単位を伴わない場合は「èr(二:アル)」であるが、王将では単独でも「liǎng(両:リャン)」を使用する。
餃子2人前=「コーテルリャンガー」または「コーテルリャン」、「リャンガーコーテル」
持ち帰り(テイクアウト)の注文の場合は量詞「ガー」を省略し、語尾に「ナーホ」(語源:拿回:ナーフィ:持って帰る)をつける。量の多い場合、頭に「ナーホ通します」などと持ち帰りである事を示した上で通常通りのコールをすることがある。

餃子1人前持ち帰り=「コーテルイーナーホ」
一部の店舗では急ぎの場合は「カイカイ」を商品名の後につける。対義語は「マンマン」。ただし「特急」「急ぎ」などと言う店舗も多い。

餃子1人前急ぎで=「イーガーコーテル カイカイ」

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる