ここから本文です

後遺障害慰謝料、逸失利益の手続き方法を教えてください。

may********さん

2010/11/2122:09:55

後遺障害慰謝料、逸失利益の手続き方法を教えてください。

事故損傷(頸椎・腰部損傷:MRI実施確認済み)後6ヶ月を迎えてます。現在の傷病状況は、首にカールをしているものの顎を上に向けると痛みが発生し、当分痛みが続きます。腰部は、臀部よりふくらはぎまでハリが発生し痛みに変り、リハビリ等を行うも、あまり変化せず通院を続けるのが辛くなってきています。

質問①このまま治療加療を続け、休業損害(補償)続けるべきでしょうか?(休業補償は何時まで受給できるのでしょうか?)

質問②療養(固定症状)を諦め、後遺障害慰謝料、逸失利益の申請手続きを行い、後、自分の健康保険(自己負担発生)で治療を行うべきでしょうか?

質問③後遺障害慰謝料、逸失利益の申請手続きは難しいそすうですが、最初にどの機関に相談したらよいでしょうか。

補足tokumeiさん、ご回答ありがとう。
ご回答①「相手方の支払い能力。」は。⇒相手側の任意保険より受給。
ご回答②「治療についての必要性は医師と相談。」ですが質問②は、私
の迷いもある質問、前者は常識的に継続、後者は自己負担が発生。愚
問でした。すみません。(後遺障害慰謝料、逸失利益等)は承知しており
ます。
ご回答③「公的な機関等に相談お勧め。」そして、「弁護士、行政書士に
相談。」等のアドバイス、ありがというございます。

閲覧数:
992
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tok********さん

2010/11/2210:34:15

事故にあわれまして、お見舞い申し上げます。
質問①治療についての必要性は医師と相談してください。休業補償は休業している
期間内の分は支払れます。
ただし、相手方の支払い能力によりますが。
自賠責だと,傷害事故であれば支払限度額120万円(積極損害(治療関係費)、休業損害および慰謝料を含む)
後遺障害を残した事故であれば支払限度額4,000万円~75万円(等級により異なります)


質問②治療についての必要性は医師と相談してください。
後遺障害慰謝料、逸失利益の支払い限度額は次の通りです.
損害保険料率算出機構HP~http://www.nliro.or.jp/service/jibaiseki/shiharai/kouishougai.html

質問③公的な機関等に相談することをお勧めします。

都道府県・政令指定都市に設置されている
交通事故相談所は、相談は無料のはずです。
総理府HP~http://www.cross-road.go.jp/category-3-1.html

最後に保険金についてですが、、昨今新聞紙上を賑わせているように、任意保険会社の払い渋りはすさまじいものです。
したがって、被害者は保険会社の言いなりにならず、示談をされる前に損害の程度を十分調査する必要があります。
保険会社はふつう、請求し立証しないものは払わないという態度をとります。
損害費目の一例だけでも 慰謝料、将来介護料、家屋改造費、車両改造費、遅延損害金(年5%)、備品代等、被害者の生活にあわせて多種多様である。
保険会社は一方的に被害者の年齢等で保険金を自社基準で提示をする場合が多いが、これは損保側の偏った基準であり、正当な基準とはかけ離れている場合もあります。
示談される前にお知り合いの弁護士、行政書士に相談することをお勧めします。

質問した人からのコメント

2010/11/22 21:11:04

ありがとうございました。また、追加のご指導があればお教えください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる