ここから本文です

天照大御神とは実存の人物ですか?神話で存在していないんですよね。

qa1********さん

2010/12/719:59:20

天照大御神とは実存の人物ですか?神話で存在していないんですよね。

閲覧数:
83,062
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cor********さん

2010/12/723:07:42

天照大神は日本で最初に作られた史書である日本書紀の神代の巻に登場します。
イザナギノミコトが黄泉(ヨミ)の国から帰ってきて、汚れたところを川で洗い流した時にたくさんの神が生まれましたが、左の目から生まれた神が天照大神です。右の目から生まれたのが月読ノミコトで、鼻から生まれたのがスサノオノミコトです。
イザナギノミコトは「天照大神は高天原を治めなさい。月読ノミコトは海の潮流を治めなさい。スサノオノミコトは天下を治めなさい」と命令したと記載されています。
神の左目から生まれた人が実在すると考える人は現代にはいません。あくまで神話の話です。
一度、日本書紀の神代の巻を読まれることをお勧めします。図書館にあります。

「天照大御神 実在」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ky1********さん

2010/12/801:40:18

一部の説では、卑弥呼=天照ではないかといわれています。
当時の中国は周辺地域に対して差別的表現を多用していたので、『卑弥呼』は『日(の)巫女』という音が悪く書かれたものではないかというのです。

oni********さん

2010/12/721:15:53

実在の人物であり、記紀に明記されていますよ。例えば下記にも詳しく載っていますが、ただ「太陽を神格化した神」としている点が記紀の記述とは異なる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%85%A7%E5%A4%A7%E7%A5%9E

-----皇室の祖神(皇祖神)の一柱とされる。『古事記』においては天照大御神(あまてらすおおみかみ)、『日本書紀』においては天照大神と表記される。別名、大日孁貴神 (おおひるめのむちのかみ)。

『日本書紀』においては複数の神名が記載されているのに対し、『古事記』においては「天照大御神」という神名で統一されている。伊勢神宮においては、通常は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、あるいは皇大御神(すめおおみかみ)と言い、

祭事の際に神前にて名を唱えるときは天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)と言う。学術的な文書では現在では「アマテラス」と片仮名書きが慣行となっている。

太陽神であることからか、大神の大を太と書いて天照太神あるいは天照太御神などと記述されることもあり、たとえば伊勢神道の神道五部書では太の字が用いられている。

史学的に女神であるというのが主流である。また、言語学的にも別名「オホヒルメノムチ」の「オホ」は尊称、「ムチ」は「高貴な者」、「ヒルメ」は「日の女神」を表すとされるが、「ヒルコ(日ル子)」「ヒルメ(日ル女)」の男女一対をなす言葉の対象性は、

ヒコ・ヒメ、ヲトコ・ヲトメ、イラツコ・イラツメなど、古い日本語に伝統的に見られるものであり、女神ととらえられる。[1]が後述のように中世以降男神とする説も一部広まった。

白鳥庫吉、和辻哲郎らは天照大神が邪馬台国の女王卑弥呼だったという説を唱えているが、論拠とする「祀る者が祀られる者になった」とする例がアマテラス=卑弥呼の他に示されておらず、

また引用する史料が偽書であったりするため、現在の史学会ではほとんど支持されていない。
別名である大日孁貴の「許慎」の字が中国最古の漢字辞典『説文解字』において「巫女」や「神の妻」という意味があるから

巫女であると主張する説もあるが、説文解字には「女字也[2]」、「女字也 从女霝聲[3]」、「好字也从女[4]」とあるだけであり、「巫女」や「神の妻」という意味はない。また、日本語においても「メ」は「女」をさす音であり(ヒメ、ウズメ、ナキサワメなど)、

女神の名で「メ」を「妻」「巫女」と解釈する例はないため、これは誤りである。-----引用以上。

sfm********さん

2010/12/720:22:51

実在の人物ではありませんが、
モデルとなった実在の人物はいたと思います。

現在のマンガやアニメのキャラにしたって
全くのオリジナルというのはそんなに多くありません。
例えば、ドラゴンボールの孫悟空だって
中国の西遊記からのオマージュですしね。


神宮皇后や邪馬台国の卑弥呼が
天照大神のモデルだとする説もあります。

また、神話とされている様々な伝説も
やはりそのオリジナルとなる実話が存在するものです。

例えば、天照大神の弟・スサノオによる
八岐大蛇(やまたのおろち)退治など、
普通に考えてこんな怪物が実際にいるわけありません。
この伝説が伝わってるのは島根県ですけど、
この地域は古代から踏鞴(たたら)製鉄による製鉄業が盛んで
その荒々しさが八岐大蛇のモデルになったとする説があります。
スサノオが大蛇を退治して奇稲田姫と結婚しますけど、
「奇稲田」というのは美しい稲田と言う意味です。
製鉄業で近隣が自然破壊され、稲が育たなくなったんでしょう。
そのトラブルを解決した人物がスサノオのモデルだったかと。
(踏鞴製鉄に関してはアニメ「もののけ姫」を見ると分かりやすい)


古代から伝わる伝説や神話や神様なんて
世界中どこを見渡してもそんな感じです。

taj********さん

2010/12/720:19:43

皇室の祖先ではなく、祖神です。つまり人ではなく神です。
神は存在するかどうかは私にはわかりませんが、持統天皇がモデルであるという説もあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる