ここから本文です

ACCESS クエリを使って、同一フィールド内同じ数値の出現回数をカウントする方法を...

shu********さん

2010/12/1415:41:14

ACCESS クエリを使って、同一フィールド内同じ数値の出現回数をカウントする方法を教えて下さい。

”事件”というフィールド内発生した事件A、B、Cを0,1,2で記録している。新たに”事件A”、”事件C”、”事件C”のフィールドを追加し、”事件”フィールド内の同じ数値の出現回数をカウントし、結果をそれぞれの追加されたのフィールドで表示する。

例:
事件
1
0
2
1
2
2
2
0
クエリ実行後
事件 事件A 事件B 事件C
1 2 2 4
0
2
1
2
2
2
0

補足申し訳ございません、説明へたくそでテーブル上では、(数値型)になってる。
事件A 事件B 事件C 結果としては(事件Aは2回、事件Bは2回、事件Cは4回)。
_2__ 2__ 4

閲覧数:
763
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mi_********さん

編集あり2010/12/1419:39:23

0は事件A、1は事件B、2は事件Bですね。

まず確認ですが、クエリ実行後の

> 事件 事件A 事件B 事件C
> 1 2 2 4
> 0
> 2
> 1
> 2
> 2
> 2
> 0

の2行目以降の数値(元のデータ)と、1行目の一番左の 1 は必要なのでしょうか?
これらは出さない、ということでいいのでしょうか?
また、事件は数値型フィールドだということでいいのでしょうか?


もしそうなら、そのテーブルを元にクエリを作ります。

デザインビューにそのテーブルを表示させ、クエリの種類を「クロス集計」に変更します。

グリッドの最初のフィールドに、'事件' と記述し、行列の入れ替えを「行見出し」にします。

次のフィールドに

見出し:Choose([事件]+1,'事件A','事件B','事件C')

と記述し、行列の入れ替えを「列見出し」にします。


次のフィールドに

値:Choose([事件]+1,'事件A','事件B','事件C')

と記述し、集計欄を「カウント」に変更し、行列の入れ替えを「値」にします。



デザインビューの上半分の何もないところを右クリックし、ポップアップメニューの「プロパティ」を選び、プロパティシートを表示させます。
デザインビューの上半分の何もないところをクリックし、プロパティシートの[クエリ列見出し]に

'事件A','事件B','事件C'

と記述します。


*追記*

上記クエリの実行結果は

式1_______事件A_____事件B______事件C
事件______2___________2____________4

のようになります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる