ここから本文です

泣ける時代(歴史)小説を探しています。

大川さん

2010/12/1516:38:41

泣ける時代(歴史)小説を探しています。

時代は問いません。

ちなみにいままで泣いた時代小説は
藤沢周平の蝉しぐれ、浅田次郎の壬生義士伝、司馬遼太郎の竜馬がゆく、燃えよ剣、
池波正太郎の真田太平記、おれの足音、幕末遊撃隊などです。

ならべくなら、上記にあげた小説家以外の作品が読みたいです。

閲覧数:
3,226
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lun********さん

2010/12/1517:07:28

童門冬二さんの『上杉鷹山』がよかったです。
財政難に陥った上杉家をどうやって立ち直らせていくか、現代にも通じる所があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fw4********さん

2010/12/1721:35:12

山本周五郎
「樅の木は残った」「栄花物語」
「さぶ」「赤ひげ診療譚」「松風の門」など
新潮文庫に沢山ありますから、読みたいなと思う作品を選んでみてください。

tom********さん

2010/12/1614:11:31

宇江佐真理「彼岸花」収録の「堀留の家」
短編ですが、何度読んでも泣いてしまいます。

mka********さん

2010/12/1517:09:30

読まれたかもしれませんが、

山本一力さんの
『あかね空』『だいこん』

良質の人情ドラマを観た後のように
ジーンとしてホロッとさせられます。


飯嶋和一さんの
『出星前夜』

島原の乱を描いた歴史小説です。
自分を捨てて闘う姿に心打たれます。

いかがでしょうか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる