ここから本文です

将棋 「戦いの絶対感覚」の読み方

pcm********さん

2010/12/2316:13:26

将棋 「戦いの絶対感覚」の読み方

街道場二段の者です。

最近、僕自身の中で気付いたことなのですが、中終盤に対して苦手意識があります・・・

その点を克服するべく、この本を読むことにしたのですが、内容が難しすぎてちょっと頭に入り難い感じです・・・

僕は序盤が大好きで、序盤の一手一手に拘るのが大好きです。序盤で思いっきりリードを上げるタイプなのですが・・・

中終盤があまりなっていないので、逆転負けする将棋が多くて悩んでいます。

原因が中終盤に対する苦手意識だと自覚できたので、その苦手意識を取りはらうためにこの本を読んでいます。

しかし、内容がやや難しいと感じていて、難しい部分がいくつかあります・・・

皆様に質問ですが、こういった本の上手な読み方はないでしょうか。

三段以上のレベルの本とは言われていますが、僕自身はこの本を読んで何とか中終盤の苦手意識を取りはらいたいと思っています。

この本を読破した方で、「こういう方法なら読みやすかった」といったものがありましたら、教えていただけないでしょうか。

よろしくお願い致します。

補足numakage1さん camecamikamoさん ご回答ありがとうございます。

申し訳ありませんが、今回は投票の形をとらせていただくことにしました。

お二人様方のご回答が大変参考になりました!!!ありがとうございました!!!

閲覧数:
410
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

num********さん

編集あり2010/12/2316:43:14

この本は、一手一手の意味を掘り下げて読むよりも、トッププロが無意識のうちに培って持っている将棋の理論(つまり絶対感覚)が何か、それぞれの局面における各棋士の考え方を中心に読んでいくのがベターです。将棋には「棋理」というものがありますが、どの絶対感覚も棋理に反することは触れられていません。いわゆる段位認定の奇抜な次の一手とは対極にあるような本です。なので、一手一手の細かい手順の意味より、それぞれの局面における各プロの「意志」のようなものを汲み取りながら読み進めていくのがベターだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cam********さん

2010/12/2317:47:49

自分は一度次の一手としてとき、その後巻末についている棋譜を並べながら解説を読むという方法を取りました。
やっぱり読むだけでは身につきにくく(しっかり脳内で再現できれば別ですが)最初のうちは棋譜を並べて確認したほうがいいと思います。
確かに内容的には難しいですね。

Yahoo!知恵袋 特別企画

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる