ここから本文です

至急!!今日、手の小指の爪が全部剥がれてしまって、インターネットで調べて湿潤...

yousyun922さん

2010/12/2618:29:24

至急!!今日、手の小指の爪が全部剥がれてしまって、インターネットで調べて湿潤療法というのを今、自分でやってみました。 水道で洗いラップで撒いてるだけなんですけど、すごく指がふやけてきました。このままで大丈夫でしょうか?張替えの時は洗って乾いてからラップするのでしょうか?の前に湿潤療法っていいのでしょうか?

閲覧数:
4,388
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

car_yukikoさん

編集あり2010/12/2804:26:56

湿潤療法は治りが早く、自分の免疫を最大限引き出して治療する方法です。
しかし、怪我の場所や怪我をした状況によっては、感染症を引き起こしたり、最悪の場合だと破傷風を発症する可能性がある治療法です。
なので、素人が判断して行うことはかなりのリスクがあります。

なので、素人判断ではなく、医師の指示の元で行うことを薦めます。

追記します。

さきほど回答された方は、なにかの新興宗教?で、どこぞの先生にお世話になってるとお見受けしました。
ご本人がサイトとして公表しているところに飛んでみるとわかると思います。
ネット上ですから、公開している写真も本人のものという確証はありません。
こういう方は本当に危ないので、質問者さんに警告しておきます。

爪がはがれる・軽度の擦過傷で湿潤療法を行う必要はまったくありません。
軽度のやけどや怪我であるなら、その部分をきちんと消毒し、清潔に管理するだけで十分治ります。
高価な絆創膏や薬を使用する必要はありません。

湿潤療法は、本人の再生力に任せるととても時間がかかってしまう場合に用いられます。
けが・やけどの湿潤療法も用いる具体的な事例は、肉がこそげ落ちているとか、広範囲で真皮組織ごとが再生しなければならない場合等、「見た目がやばそう」なときが一番適しています。

話が飛びますが、お許しください。
ほかの質問で私が湿潤療法に対し、「基本的に擦過傷に用いる」と書きました。
すると、この危ない方はそれを叩いてきました。
私は「基本的に」と言っていますです。
重症のやけどに用いないとは言っていません。
また、オロナインの件も具体的に商品名を出したことが気に食わなかったのでしょう。
やけど・けがは安い市販の軟膏で十分事足ります。
この質問でのバッシングがとても異様だったため、私が回答した質問を見直してみると、このようにかぶせてきていたので、書かせていただきました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1052686530

これを機に、質問者さん自身が湿潤療法について本格的に学んでみるのもいいと思います。
今はわかりやすい医療系の書籍はたくさんありますので、ぜひ自分の足で情報を集めて学んでみてください。

長文失礼しました。

たびたびすいません。
やはり、具体的な人の名前を出してきましたよね。
リンクを張ったり、本当にご苦労様です。
医師の中には学会に所属してなかったり、宗教に傾倒している方もいらっしゃいますから、人名やリンクや病院名だけではなんとも…
まぁ、このように専門性にあふれているかのように信頼させ、商売をしているのがよくわかる追記で助かります。
そこまで湿潤療法を押しているなら人名ではなく、論文名や発表した学会名を紹介してもらいたいですね。
言っておきますが、私はアンチ湿潤療法ではありません。
ただ、必要ではない治療法を勧める必要があるのかということに疑問を持っています。
湿潤療法はたしかにきれいに治りますし、重症のやけどや挫創に対して消毒以外の方法を示したことは画期的だと思います。
しかし、危ない方の「すべて湿潤療法で治す」ということの理念が不明確すぎて、新興宗教だとしか思えません。

オロナインについて散々調べてくれていますが、オロナインを製造している大塚製薬が公表している情報ではないので、正確さに欠けています。
リンク先もブログや掲示板みたいですが、よく恥ずかしげもなく張れましたね。
大学生のレポートだと「不可」「D」の成績が与えられてもおかしくないぐらいの不正確な情報です。
世の中にアンチオロナインも存在するようですが、あれだけ簡単に治してくれる軟膏はそうないと思うんですがねぇ。

質問者さんに書籍を勧めたのも理由があります。
医療は命に関わることですから、治療法や理論の情報元が確実なものでなければなりません。
その点、書籍は出典が明確に記されています。
また、医療系の本を出すということは、ある程度著者の信頼がなければ出せません。
よって、確実に知識を身につけるのなら、ネットではなく書籍が正解です。

ネットで調べるのはせいぜい用語検索か最新の論文を検索するぐらいでしょう。

最後に、質問者さんには大変ご迷惑をおかけしております。
私は「ベストアンサー」に選ばれるべく、追記を繰り返しているわけではありません。
また、リンクに張った先の質問者さんに「ベストアンサー」に選ばれなかったことの腹いせをしているわけではありません。
ただ、「湿潤療法」というたかがひとつの治療法を推し進めることに疑問を持っただけです。
なので、「ベストアンサー」はやっきになってパソコンを駆使してくれた、あの危ない方にあげてください。

こういう危ない方と液晶越しに対しているだけで疲れるので、これで私の追記を最後といたします。

質問者さんには大変なご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。

申し訳ありませんでした。

失礼します。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

koriani_503さん

2011/1/221:04:00

皮膚科とか形成外科で相談してみてください
両手の深い火傷が湿潤療法の病院で簡単に治った事で、従来の間違った治療(消毒+ガーゼ+抗菌クリーム軟膏)の被害から救うためにブログを立ち上げ、知恵袋での回答を続けています。

また湿潤療法を御存じでない皆さんにも良く判るように長文の回答にしています。

しかし全国の病院に普及しつつある湿潤療法を、「民間療法」や「東洋医学」や「新興宗教」と勘違いしていて、私の回答にちょっかい?を出したり、感情的に食いついて来るストーカーの様な「世間知らずで古臭い頭の自称?医療従事者」も多いです。

結局いろいろ調べてみてすぐに私が正しい事が判って消えて行く方が殆どですがそれはまだマシなほうです。

私に対して「医師でもないのに責任が取れるのか」と悔しまぎれの回答を入れる連中も多いですが、私の経験による回答を入れても全く問題ない筈ですし、その回答者本人も医師かどうか不明ですし、回答者全員匿名で責任など取れないのですから通用しません。
もし彼らが本当に医師ならばネット利用に対する考え方のレベルが低過ぎて逆に恐ろしいです。

本当に知恵袋では、ど素人の私よりもベストアンサー率が低くてもプライドだけは高い○○な「自称?医療従事者」による「現代の天動説信者」の様な回答者が多いです(笑)。

私には彼らが何の目的で「何かに取り付かれた様に」ひっきりなしに回答しているのか良く判りません。
その上ネット上の知恵袋で「ネットや知恵袋の回答を信用するな」と回答しているのですから意味不明です(大笑)。

私のIDでの直接指名や、湿潤療法のワードを入れて質問されれば、そんな○○に邪魔され難いですが、それでも突っ込んで来るKYな連中もいますがそれだけ悔しいんでしょうね(爆笑)。

患者側の立場として最新の正しい治療を知る事が大事だと思います。
と普通の人間の感覚ではない○○も申しております

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。