郵貯銀行は「令」の楷書体を明朝体と「同一字体」と認めないのですが、なぜでしょうか?

補足

トラブルとは、窓口での手続きの際、相続など本人確認が必要となる場合、別人と判断されかねないのでは?の意。

郵便、宅配10,966閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

gnrys062さん、siden1972さん、有り難うございました。 昨日、全銀協に相談。本日、ゆう銀(照井氏)より「字体の差でない→「マ」でも可」と回答。文書回答は出来無いが、受理されない場合コールセンターへ連絡、そこでも受理しないと言ったときは、自分に連絡して良いと。 別字扱いされた方は、全銀協に相談するか、担当者からコールセンターに確認して貰いましょう。

お礼日時:2010/12/29 21:30

その他の回答(2件)

0

わたしも郵便局員です。同様なケースでは、やはり、 「戸籍謄本にある字体にしてほしい」 と言うでしょう。これまでも何度か経験してきました。 別の回答者さまがおっしゃるとおり、現在の戸籍は「電算化」されており、ほとんどの文字が明朝体で登録されています。にもかかわらず、「わざわざ」明朝体以外の字体で戸籍謄本が印字されていたら、それは役所が明朝体とは別の字体だと認定している、と解釈せざるをえないのです。「同じ字体であるのならば、役所に直させてください」としか郵便局員としては言えません。 なお、ご心配されている銀行間送金の際は、店番・口座番号とカナ氏名を確認するだけです(これはどこの銀行でも同じですよね?)。漢字氏名までは確認しませんので、他人の口座と誤認されるおそれはありません。 [補足を受けて] ゆうちょの相続手続きには、たいてい戸籍謄本が必要になります。したがって、戸籍謄本の字体どおりに通帳を作っておいたほうが、トラブルにはなりにくいと思うのですが……。 送金と相続とがどう関係するのか分からないので、こんな回答になりました。

0

私は、漢字の字体の調査の為にしばしば人の名前の漢字を目にする亊があります。 その例には、様々な市区町村から発行される広報誌があります。 この広報誌、市区町村によってはおめでた欄、及びおくやみ欄があります。 このおくやみ欄で、以前私はいちいち活字で「マ」で書かれた「鈴木さん」にお目にかかった亊が有ります。 私の想像するに、おそらくその役所では戸籍の電算化が済んでおらず、手書きの戸籍であったが為にそれを「そのまんま」転記、つまり活字化したものと思われます。 同一の広報誌の中に「マ」と「鈴」の鈴木さんがそれぞれ混在していた為、全てを手書き風にしたのが原因ではないようです。 つまり、上記の情報から何が得られるかと言いますと、ある時期までは「マ」か「鈴」を区別する亊が多く有った、という亊です。 例えば、卒業証書等では現在も気にする機関も存在しますし。 しかし現在は戸籍は電算化が7、8割がた進んでおり、全てが明朝体の「鈴」で表記されます。 ですから、区別のしようがないのです。 しかし、ここで新たな問題が発生します。 戸籍を電算化する際、例えば(法務局が勝手に決めつけた)誤字が戸籍にある場合、通用自体に置き換えます。その際、建前上の亊なのですが、役所側は「これはあなたの氏名を変えたわけではありません。別に普段の生活では今迄通り書いて頂いてかまいません」等と言ってきます。 つまり、同一字種であれば、普段名乗る上ではそれを本人の名前としても構わない、というような表現さえしているのです。 現に、私はゆうちょの通帳は「カタカナ」で氏名が登録してあり、そのカタカナの下に戸籍上の字とは字体の違う、本来の私の名前を郵便局の方が漢字で書いた状態になっています。 そうです、ここまでお話を聞いて頂ければわかっていただけると思うのですが、 「対応が本当にバラバラ」なのです。 ですから、もはやここまでると、「この対応している人は残念な方だから仕方ない」とその方に見切りをつけて、その方の望む勝手な要望に表面上答えるのも、一つの選択肢だと思います。 私の通帳が上記のようにして頂けたのは、対応してくださった方が本当に良識な方であった故、本当に良かったと思っています。 補足ですが、その対応してくださった方とのやり取りを以下に書きます。 用紙への記入が終わり、係りの方へ提出 私「こちらの漢字なんですが…(これ以外何も言わずとも)」 係「あ、はい。こちらの字の方が正当という亊ですね。申し訳ないのですがこちらの字は入力が困難な為、カタカナで登録の後、その下に私どもが手書きで記入する亊になりますが宜しいですか?」 私「はい、もちろんです。」