ここから本文です

コンクリートに電波が通りにくい理由を教えてください。

abc********さん

2011/1/319:10:55

コンクリートに電波が通りにくい理由を教えてください。

無線LANはコンクリートの建物では、電波が弱くなって使えないと聞きました。

何故電波はコンクリートを突き抜ける事が出来ないのですか?

少し調べ自分で勝手に出した推測ですが、コンクリートを構成している分子より電波の波長が長く、原子を構成している陽子などの間をすり抜ける事が出来ないからでしょうか。


極めて波長の短い電磁波をコンクリートに照射したばあい、なんなく通過するのでしょうか?
むしろ衝突しやすくなるのでしょうか?


コンクリートの壁に電波を当てた場合、壁を透過しない電波のエネルギーはどこに行くのでしょうか?
エネルギーを持った電波に衝突されたコンクリートは、何らかの変化をするのですか?

閲覧数:
7,281
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tou********さん

2011/1/408:53:42

もともと電磁波は物質との相互作用が強いのでコンクリートに限らず周波数によって簡単に遮蔽されてしまいます。X線以上の短波長の電磁波でしたらかなりの透過性を期待できますが通信には不向きです。またコンクリート自体の遮蔽性能よりも大抵の建物にある「鉄筋」がさらに遮蔽性を高めています。最近ではその鉄筋の配置で特定の周波数の電磁波を透過あるいは遮蔽できるようです。

質問した人からのコメント

2011/1/10 16:08:37

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rai********さん

2011/1/319:44:05

コンクリートは電波を反射しやすいのです。ですのでエネルギーの行き先は反射される先となります。当然、反射を繰り返せばエネルギーは減衰していきます。

ただし、完全に反射するわけではないため、コンクリート内部の空洞や鉄筋の調査に、電磁波レーダー法というやり方も存在しています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる