ここから本文です

学卒だろうが院卒だろうが、給与に大きく関わってくるのは初任給よりその後の出世...

fan********さん

2011/1/319:40:51

学卒だろうが院卒だろうが、給与に大きく関わってくるのは初任給よりその後の出世です。

上記の意見をいただきました。
無知ですみません。今の日本で年功序列制はどうなっているのでしょう?

能力給の時代へと変わりつつあるのでしょうか?
仕事ができればできるほど出世も早いということでしょうか?

閲覧数:
930
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nek********さん

2011/1/414:05:31

民間企業では一時期年功序列はなくして実力主義だけにするような風潮がありました。10〜15年くらい前が最盛期だったかな?
でも最近は少し風向きが違ってきていますね。
というのは実力主義に移行した企業は、結局は上手く行かなかったようです。

想像できると思いますが、年上の部下や年下の上司とかはやりづらい部分もたくさんあります。(もちろん年功序列でも同様のケースは存在していましたけどね)
また、収入面でも子供が成長するにつれて学費などもかかるようになっていきます。
高校生、大学生の子供が2〜3人いるような家庭で、完全実力主義とかになるとなかなかたいへんでしょう。
もちろん例えば営業成績が良い人はいいですけど、そうでない人はね。

この営業成績も、本人の実力もありますけど、実際は担当する地域や企業によっても大きく左右されます。
うちの会社でも時々ありますけど、上得意は担当地区が変わっても放さないという営業も結構いますね。
逆に言うと新規にその地区の担当になった人には売れない客しか残らないとか。
また業務担当になると個人の能力って判断し難いですよね。
数字に出てくるわけではないですから。

そんなこんなで完全実力主義というのは以前に比べるとあまり言われなくなってきているようです。日本の文化にはあまり合わないのかもしれません。
うち(一部上場企業)もある程度の年功序列の含みを持たせつつ、実際の成果も考慮しながら給料が決まっています。
実際はかなり複雑な手順を踏んでいるんですけどね(笑)

質問した人からのコメント

2011/1/8 23:43:26

降参 BAを選ぶのに非常に迷いました。皆さんのおっしゃっていることが少しずつ違い、そしてどの意見も参考になりました。nekomanmano_u2さんの意見に一番納得したのでBAに選ばせていただきました。mokosann01さん、ecs1655さん、sdnotss001さん、nekomanmano_u2さん本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sdn********さん

2011/1/320:43:08

この質問、年功序列と学歴至上主義が混じってる気がしますが・・・それはともかく。

>能力給の時代へと変わりつつあるのでしょうか?

いいえ。変りつつあるのではなく、もう変ってます。大分前…私が社会人になった十数年前…から既に変わりはじめている、というのが私の実感です。

私の勤める会社も、50歳以下に限れば大卒が院卒が同数程度います。が、院卒だからちやほやするなんてことは今時してないですよ。というか、そんなことほとんど話題にもあがらないです。「え?あの人神戸大の修士卒なの?あっそ。じゃああの辺の地理に詳しいのか・・・」なんてたまーに話す程度ですね…。

「学生時代の勉強内容や最終学歴は、仕事の成果に変換して初めて評価される」

こんな会社の方が、今は多いと思います。初任給の差は年齢給の差だと程度では?

ただ、これが「日本全国の会社」などという、無数にある存在を串刺しに出来る程の一般論か?といえばそうじゃないと思います。
でもそれは程度の差であって、いくら何でも「東大大学院卒の、仕事がさっぱり出来ないヤツ」をいつまでもチヤホヤする民間企業は稀だと思います。

強いて例外を探すなら、超学歴主義のオーナー社長が自ら採用をするような会社でしょうかね…。「早稲田?法学部?よし、採用」みたいなノリで(笑)まあ、そういう採用する会社って、回りの社員は一様に「うちの社長は見る目が無い」とぼやいているというのが実感ですが…。

あなたは日本人で、日本在住の大学生or院生なんでしょうか?そして願わくば、「学歴及び年功序列が日本企業に残っていて欲しい」と思っているのでしょうか?

だとしたら、残念ながら難しいと思います。なにしろ、今後は日本企業に就活する外国人の比率は上がる一方で、それが(日本人就活生の)学歴がどうしたとか年齢がどうしたなんて価値観の崩壊を更に促すと思うからです。

私の回りでも、55歳の部長さんの上司が40歳でブラジル国籍を持つアメリカの親会社から乗り込んできた女性、なんてのがあります。

彼女は日系三世なので、日本語も堪能。勿論ポルトガル語と英語もペラペラです。私も彼女とは普通に商談します。今書いた例はアメリカ系企業の日本法人の例ですが、これからは「三井物産」「トヨタ自動車」でもこんなのはどんどん当たり前になっていくでしょう。

そんな中、あなたが書いている質問のような価値観はどんどん古くさくなっていくのは、あなたも理解出来ますね?

>仕事ができればできるほど出世も早いということでしょうか?

当たり前ですね。逆に聞きますが、仕事が出来ないヤツを企業が優遇するメリットは何ですか?世界を相手にしている日本企業が「アイツは東大卒だから営業部長だ」なんて人事をやってたら勝負できないですよね?

ecs********さん

2011/1/320:07:48

実際はある企業とない企業があります。

私の場合は年功序列のない企業だったので20代前半で部長にまで出世しました。部下のほとんどは年上です。

しかしあまり早く出世しすぎると人間としての人間性が養われずに立場だけ上になってしまうので、あまりよいことでもありません。

mok********さん

2011/1/320:04:05

民間企業では「年功序列」という考え方は、基本的には無くなりつつあります。
「給与体系」についても「年令給」+「能力給(成果給や、職責給)」といった組み合わせが多く、年令給部分の構成比が段々低く抑えられる傾向にあります。
ですので、仕事が出来る、企業に貢献出来る人材は、早期重課で「ポスト・役職」配置をし、俗に言う「出世」をしていくのです。

年功序列の色彩を残しているのは、「公務員」くらいではないでしょうか。
個々の成果が判然としない仕事が多いですので、昇進試験等で昇格していきます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる