ここから本文です

敬語? 「親父が亡くなった」は正しい日本語ですか?

nka********さん

2011/1/517:31:32

敬語? 「親父が亡くなった」は正しい日本語ですか?

自分の身内が死んだ場合・・・例えば父親が死んだ場合、他人に「先月、親父が亡くなりまして」という言い方は正しいのでしょうか?
「亡くなる」という言葉が敬語のようで、身内に使用するのはヘンなような気も?
「先月、親父が死にまして」のほうが正しいような気もしますが?
ご教授願います。

閲覧数:
28,980
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tob********さん

編集あり2011/1/519:05:09

「亡くなる」は敬語か否か。
個人的な語感では敬語です。しかし、いろいろ調べてみると「かつては敬語のニュアンスがあったが現代ではそういうニュアンスはない」というのが正解のようです。
個人的には、「亡くなる」も「逝去する」も敬語風です。
「他界する」だともう少し通常語に近づく気がします。

詳しくは下記をご参照ください。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1592.html
以下は一部の抜粋(重言)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

辞書で見る限り、「亡くなる」に敬語の意味合いはない。

Wikipediaで、ちょっと気になる記述を見つけた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%AC%E8%AA%9E
「死ぬ」の「尊敬語」として「お亡くなりになる」「亡くなられる」「逝去する」をあげ、「丁寧語」として「亡くなる」をあげている。ちょっと待て。「逝去する」は「尊敬語」なのか? ってことは「ご逝去になる」は二重敬語なのか。
「亡くなる」には下記の注がついている。ということは、尊敬表現ではないけど、尊敬表現的ってことだろうか。
================================
日本国語大辞典(小学館)は「尊敬表現や謙譲表現を用いるべき人に対しても、単に「なくなる」ということもできる。」としている。
================================

そいで、テーマトピの話になる。
「904」のコメントによると、『新明解国語辞典』はWeb辞書とほぼ同様らしい。
問題は「905」のコメント。
一部を抜粋(重言)する。
================================
本来『亡くなる』は尊敬語で、身内に対して使うことも避けられていたわけですが、かなり早い時期(江戸〜明治頃)から、ただの丁寧語に変化してきているようです。
既に一部の辞書で婉曲表現(=丁寧語)と認められていることもあり、一概に二重敬語とは言えない──というのが現状でしょう。
================================

信頼できるのは下記のNHKの『気になることば』だろう。えっ? バックナンバーは「整理中」ではなく、なくなってるの? なんということを……。

================================
4月6日(水)
ペットが亡くなる!?
『ペットが亡くなった・・・』ペットも家族の一員という考え方が強くなってきていますが、でもやっぱり違和感がありますよね。そもそも「亡くなる」は人間に対して使う言葉です。また一方で、「亡くなる」を自分や身内に使うのも、おかしいと思う方も多くいらっしゃるかもしれません。しかし、辞書で見てみると、「亡くなる」は“人が死ぬことをやや婉曲にいった”もので、尊敬語などの敬語では無いのです。婉曲に「死ぬ」ことを言う丁寧語なので、本来は、自分にも身内にも使ってよい言葉で、実際江戸時代の文献にも「親が亡くなりました」といった用例も載っています。尊敬語にするには、「お亡くなりになる」と「お」をつけると丁寧になりますよね。そうはいっても、例えば自分に対して、「自分が亡くなった後に・・・」などと使うには、やはり違和感がある人が多いのではないでしょうか。尊敬語ではないとはいえ、敬意を表したい相手に対しても使える言葉なので、同じ言葉を自分に対して使うことに抵抗があるのでしょう。いずれにしても、「ペットが亡くなる」は、おかしな表現ということになるでしょう。
================================

>尊敬語にするには、「お亡くなりになる」と「お」をつけると丁寧になりますよね
それは違うだろ。「お〜になる」の形で尊敬語になるはず。
それはそれとして、「尊敬語ではないとはいえ、敬意を表したい相手に対しても使える言葉なので、同じ言葉を自分に対して使うことに抵抗があるのでしょう」か。そういうことなんだと思う。

あと、下記の「Yahoo!知恵袋」も参考になった。当方の主観は、この質問者にきわめて近い。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011329660



ちなみに、「ご教授願います」は誤用だと思います。
【ネットが広めた誤用……etc.──「教授する」か「教示する」か 】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-869.html

質問した人からのコメント

2011/1/8 16:08:41

皆様、どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ali********さん

2011/1/519:28:30

敬語には尊敬語、丁寧語、謙譲語があります。
この例を尊敬語と考えるなら自分の身内に使うのは抵抗があるかもしれませんが、このケースはむしろ丁寧語に分類されるように思います。
親父が死んだ。これを基本として、
父が亡くなった。これならそれを丁寧に言った形です。
親に対する尊敬も入っているでしょうがそれ以上に「死」というものに対する厳粛な扱いがこの丁寧語に込められています。
ですから「親父が亡くなった。」が適切かどうかの議論は、自分の親に尊敬語を使うのが適切かという点ではないと考えます。

cah********さん

2011/1/517:48:06

「親父」がいけません
人様の前では
「父」と言って下さい

aki********さん

2011/1/517:33:28

亡くなるでも構いませんが、逝去致しましたでも構わないと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる