ここから本文です

「人間魚雷回天」という本を書いた神津さんという元回天特攻隊員の予備学生は、海兵...

ffk********さん

2011/1/813:54:47

「人間魚雷回天」という本を書いた神津さんという元回天特攻隊員の予備学生は、海兵出の上官や先任からのリンチのひどさに、「日本の為には死のうと思っても、 海軍の為には絶対に死なないと思った」と書いています。
正直、彼らの間に仲間意識は最後まで生まれなかったんですか?

閲覧数:
1,078
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2011/1/1012:04:06

海軍兵学校での鉄拳制裁はエリート集団内での教育の一環でしたが、予備学生出身士官に対する暴行は教育や規律をはるかに超えたリンチ、拷問でした。ある南方基地司令の大佐は予備学出の部下に「俺は海兵三年、少尉候補生一年でやっと少尉になった。お前は大学出て一年の教育で少尉に任官。けしからん!」と言って事あるごとに無茶苦茶殴った。予備学生制度は海軍省が作ったのにねえ。

予科練出の下士官も犠牲になりました。「人間魚雷回天」から、、、
さっきの髪の毛ボウボウの太った大尉が号令台に上がる。「当隊の先任将校、海軍大尉Dxx! なんじゃ、今、足を動かしたやつ!出てこいッ!四列目の右から五人目!」バラバラっとニ、三人が駆け寄ってその男を引きずりだした。下士官搭乗員だった(注:予科練出身の17歳くらいの少年)先任将校が壇を下りて、めちゃくちゃにぶん殴る。その男はついにバッタリ倒れた。「先任将校の訓辞をなんと心える。無作法者はたたッ殺すぞ!」

著者は神津直次元中尉。津村敏行にも同名の著作がありますが、津村氏は個人的には回天部隊とは関係なかった(津村はペンネーム。本名は日比野寛三)

軍隊に規律は必要ですが、日本軍は余りにも暴力に頼りました。海軍の水兵たちは「軍人精神注入棒」バッターという野球バットの親玉の様な棒で叩きのめされ、殴り殺された特別年少兵もいました。中には立派な上官もいましたが、日本の兵隊はそこまで殴る蹴るの暴行をしないといい兵隊に育たなかったのでしょうか?

海軍への郷愁を書く人はいます。それなりに一面の真実でしょうが、阿川弘之を含めて比較的楽な配置に付いていた人ばかりです。それはそれで結構ですが、それ以外に沢山の人たちが地獄の様な目の合わされた事も事実です。特に戦争が始まってからは、エリート意識丸出しで威張りまくったのが海兵出身者。「究極の教育」と言われた海兵教育も有名な「五誓」も平和な時にしか発揮出来ないとなると、何の為の将校教育かと言いたくなりますね。

質問した人からのコメント

2011/1/14 20:59:20

成功 ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/1/1301:31:19

結局死ねずにリンチされた方がつらいでしょうね。

zan********さん

2011/1/817:07:06

その本には「リンチ」と書いてましたか?海軍兵学校では鉄拳制裁で教育しますが、卒業して任官すると普通は鉄拳は封印します。兵隊間でのリンチは有名ですが、士官同士では理不尽な鉄拳は無いです。ただし、予備学生として差別を受けたのは事実ですから、恨みを持ってる予備学生出身がいてもおかしくありません。ただ、予備学生は元々商社員や官僚が海軍に入ったわけで、「日本にこれだけ合理的で風通しの良い組織があるのか?」と感心してますので、兵学校出身者に対してはともかく、海軍に対しては概ね好印象でした。戦時中民間では所持に許可がいるマルクス経済学の本が艦長室に堂々と置いてあってビックリしたそうです。

同じ海の男としてプライドがあった商船学校出身の海軍予備士官が戦後、海上保安庁に幹部で入った時に「俺達を差別していた旧海軍出身者とは絶対に仕事はしたくない」と、拒絶反応があったようです。

tin********さん

2011/1/815:55:14

戦争関連、特に特攻関連は「反戦」意識が極端に強いかその逆が多く

「リンチがあった」と反戦派は必ず書きますが、まず訓練教官が罵ったり

鉄拳制裁をするのは「仕事」です

短期間で一般人を「兵士」にし「鉄の規律」を守らせるにはそういった

教育方針になり、例外なく軍隊は国を問わずそんな感じです

韓国だって今でも特殊部隊は両手足を縛り海に落として

脱出訓練しますもの・・・

実際に「出撃できなかった」隊員の手記を読むと

回天搭乗員にはある程度の特別待遇であったと分かりますよ

nak********さん

2011/1/814:58:17

私も「人間魚雷回天」という本を所持しておりますが、

著者は、元・海軍中佐・津村敏行氏です。

昭和5年、海軍兵学校卒業。 昭和17年から終戦まで、

海軍予備学校(予備学生)の教官でした。

御質問の「神津」様とは別人ですね。

ですが、回天特攻の勇士を、お二人存知ております。

お一人は戦死、 もう一人は、訓練中に終戦となり、無事、

復員しました。 目下、「日本縄文時代の言語」の研究に

没頭して、 著書も幾つかあります。 人、様々ですなー!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる