キャンプ用バーナーのガスについて。 寒冷地仕様というやつは何度まで普通に使えるのですか? 質問が大雑把ですみません。お願いします。

キャンプ用バーナーのガスについて。 寒冷地仕様というやつは何度まで普通に使えるのですか? 質問が大雑把ですみません。お願いします。

ベストアンサー

0

寒冷地仕様を謳っていても各メーカーごとに微妙に混合ガスの種類、割合が違います。 成分、割合が非公開のメーカーもあります。 寒冷地仕様のガス缶は相応のショップでの取り扱いになると思いますので、お使いの ストーブと同じメーカーの寒冷地仕様のガス缶が何度位まで使えるか、ショップの方に お尋ねになることが一番確かです。 以下は参考まで・・・・ ガスの種類 ノルマルブタン・・・・・気化する温度約0度 イソブタン・・・・・・・・・気化する温度約-10度 プロパン・・・・・・・・・・気化する温度約-30度 但し、ガスは気化する際、回りの熱を奪います(気化熱)のでガス缶が冷えていきます。 そのため、実際には気化温度より10度以上高くないと継続使用ができません。 また混合ガスは蒸気圧が高い順(プロパン、イソブタン、ノルマルブタンの順)に気化します。 気温によっては、プロパンが気化しているうちは使用できてもプロパンがなくなった時点で (他のガスが残っていたにしても)使用出来なくなることもあります。 寒冷地仕様と謳うガス缶にはこのようなリスクがありますので命にかかわる場所で 使用するのであればそれなりの知識と対処法もお考えください。

その他の回答(3件)

0

基本的に どれも使えますがどれも寒いとパワーはいまいちになります 夏を100としたら50~70位の感じですか特にハイカロリーバーナーは ハハハな感じですね 、 私はタンクにお湯かけて使います、でもまねしないでください 責任持てません標高が高いぷらす寒いは 致命的です、パワーブースターは無いとつらいです、

0

ブタン・イソブタン・プロパンガスの違いを勉強されれば理解出来ます。 サイトを載せれば簡単ですが自分で調べ、実践して見ますと忘れませんね。 ガスの種類・混合比・カートリッジの特性・それに一番は気温と風ですね。 冬山のスペシャリストでも、ガスが点いたが湯が沸かなかった、その内ガス欠 早朝、実践経験ではー10℃ではプロパン混合比40%だけ、健在でした。 一般論ではイソブタンでもドロップダウンで10℃が分かれ目かと、

0

その名の通り EPIのホームページで調べてみました。 【レギュラーカートリッジ】 推奨使用時期 春~秋 適正使用時気温 +10℃以上 【パワープラスカートリッジ】 推奨使用時期 秋~春、通年使用も可能 使用最低気温 -15℃以上 【エクスペディションカートリッジ】 推奨使用時期 冬、極寒冷地 使用最低気温 -25℃前後 極寒冷地での使用のために開発された特別仕様ガス。 冬期限定販売(9月~3月)。 参考HP:http://www.epigas.com/products/cartridge.html

画像