ここから本文です

『時』『頃』『際』の使い分けの仕方は?

anz********さん

2011/1/1404:30:12

『時』『頃』『際』の使い分けの仕方は?

あくまで(例)ですが・・・

① 中学生の時
中学生の頃

② 修学旅行の時
修学旅行の際


時と、頃&際の使い分けがわかりません。
どなたか、教えて下さい;

閲覧数:
14,441
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sya********さん

2011/1/1413:17:39

似てますからね,3つとも。

時と頃の違いはごくわずかです。
どちらも時間・期間を表す語ですが,時の方がやや限定的で頃の方がややばく然とした期間を表します。

例えば,あなたが例に出した,
中学生の「時・頃」
では,あまり違いはありません。

しかし,
桜の咲く時
桜の咲く頃
と言う場合,使われるのは「頃」が圧倒的に多い。
なぜかって,桜が咲く時期はばく然としていてだいたいこのあたり,としかわからないから。
時は主に確定した期間を指します。

もっとわかりやすい例をあげてみましょう。

2時までに仕上げる
2時頃までに仕上げる
頃の方が時間に幅があるわけです。あいまい。
中学生の例では,特定の期間自体に幅があったので両方とも使えましたが,
確定した短い期間には違いが表れるのです。

・会社が倒産した時
・会社が倒産した頃

・私は家にいた
・私はうつ状態だった

どっちがどっちにつながりやすいかわかりますね?
倒産した瞬間を言う「時」には家にいた瞬間を,
倒産した時期を言う「頃」にはその時期の慢性的なうつをあてがうとスッキリ。

際はもともと「時と場合」の場合の方です。
つまりwhenではなくif
「~するならば」という意味。

・お降りの際はご注意ください。
・不明な点がある際は連絡してください。

仮定法にすると丁寧な言葉になるのは日本語も英語もいっしょ。
だから接客など,改まった場で使われる場合が多いですね。

また,「おり・機会」という意味もあります。
・旅行の際にはお世話になりました。
その節は~と同等の表現ですが,これも丁寧な表現に使います。
どちらかというと「時」に近いですから「時」の丁寧表現といえなくもありません。

ぼくが知ってるのはこれくらいです。

質問した人からのコメント

2011/1/17 00:14:17

笑う 分かりやすい回答ありがとうございます!!!
やっと理解できました(笑)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる