ここから本文です

ラインレベル出力の信号が欲しくて、ヘッドフォン出力で代用すると、音質は落ちま...

tghsiwqさん

2011/1/1521:21:45

ラインレベル出力の信号が欲しくて、ヘッドフォン出力で代用すると、音質は落ちますか?

補足シャープの1bitコンポを使っています。アンプは信頼できるもののケーブルの干渉か電気を使う時ノイズが入ります。ところでインピーダンスとは電気の通る川幅みたいなものですか?

閲覧数:
14,570
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hobbypamanさん

編集あり2011/1/1723:22:26

たいていは音質は落ちますね。

さきの回答者の方のおっしゃってる事は、理屈は全くその通りなので、そのことに対して反論する意図は毛頭無いのですが、実務的には「理屈に関わらず、現実には音質が落ちてしまう」事の方が多いです。

経験上、ライン出力を持たずヘッドフォン出力しかない機器は、単純に出力機器のヘッドフォンアンプ回路の設計の問題で、規定より高いインピーダンス回路に繋ぐ(ライン入力端子はヘッドフォンの数十倍高い)と、信号電圧が上がりすぎたり安定しなくなって音が汚くなる物が多いです。
また、そういう技術的なハードルを抱えているヘッドフォン出力回路に限って、「では、ほどよいレベルになるように」と出力ボリュームを絞ると、回路の本来的な音質性能を発揮できずショボくれた音質になってしまうケースも多い。

なので、結果的に音質ががくんと落ちてしまう・・・ということは、非常に良くある話です。

プロ音響仕様か、それに近いしっかりした設計のヘッドフォン出力なら、先の回答の理屈どおりに動きますので、問題ないんですが、現実はこんなもんです(また、そういうしっかりした設計のヘッドフォン出力のある機材なら、たいていは正規のライン出力端子も併設してますし)。

まぁ、うまく最適な出力レベルが見つけ出せればいいんですけどね。
実際には、出力がヘッドフォン端子しかないような機器では難しいです。

追記

>ケーブルの干渉か電気を使う時ノイズが入ります。

必ずしもヘッドフォン出力をラインに繋いでいるのが原因とは限りませんが、ヘッドフォン出力が原因という場合も少なくはないです。
まぁ、「俺の使ってる機材では音質は落ちない=だから音質は落ちない」と言い張るのは勝手ですが、ラインに繋ぐと間違いなく音質が落ちるヘッドフォン端子や、ヘッドフォン端子だと音質を落とす方向の設計のライン入力端子(の回路)ってのも、事実として結構ありますからね。相性的な面もあります。

オペアンプ回路だと、相手のインピーダンスが変わっても電気的特性は変わらない・・・というのは、これは机上論という物で、回路構成によっては「数値上の電気特性は変わらなくても音質は落ちる」という回路は山のようにあります。
だいいち、ヘッドフォン出力に使われるオペアンプは、あくまでも「分類学上のオペアンプ(広い意味ではオペアンプ)」で、教科書に出てくるようなオペアンプとは動作も回路も違うのが普通なので、机上の頭でっかちなやっつけ知識だけでは語りきれません。

やっぱり、正規のライン出力設計の端子(回路)とライン入力設計の端子(回路)の接続が、一番音はよいです。
「電気的に繋ぐことができる」のと「繋いで音質が維持できる」のは、全く違うことですから。机上の小理屈だけだと、なかなかわからない世界ですけども。

>インピーダンスとは電気の通る川幅みたいなものですか?

んー、まぁそういう側面もあります。

少しばかり正確を期すなら
高インピーダンス=川幅狭いが川岸が高い=水面高さ(水圧)は稼げるが、水量(エネルギー量)は少ない。
低インピーダンス=川幅広いが川岸低い =水面高さ(水圧)は稼げないが、水量(エネルギー量)は大きく稼げる。
というのが、まだイメージに近いかと。
水圧を信号電圧。水量を電力に置き換えると、ちょっとわかりやすいかと思います。

低インピーダンスま出力を高インピーダンスに繋ぐのは、電気では基本形としてはOKなんですが、回路構成によっては結構特性が変わってしまうので、ノイズが増えたり音質が変わったりすることも多いんです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2011/1/1611:04:11

電圧レベルは低めになりますが、
ライン出力に比較して、
音質が極端に悪くなることは、
ありません。

ライン入力負荷のほうが、
ヘッドフォン負荷よりも遥かに高インピーダンスなので、

流れる電流が少ない=アンプへの負担が少ない

ため、ヘッドフォンを挿して聞くよりも高音質になります。

------------------------------------------------------------------

私の発言は、理屈だけではなく、
実際の機器での経験に基づいています。
ヘッドフォンアンプといっても、現在は
OPアンプを使っているので、
電流供給能力の違いだけです。

(例1)iriver iHP-120というポータブルプレイヤー
この機種は、ヘッドフォン出力と、ライン出力を持ちますが、
ラインインに接続した場合、レベルの違いだけで、
音質に違いは感じられません。

(例2)PCのサウンドカード(複数)
ライン出力とヘッドフォン出力を持ちますが、
どちらにラインインをつないでも音質に大差はありません。

ただでさえ商品選択の難しい外付けDAC類の購入を、
憶測だけで、やたら初心者に薦める回答者が多いですが、
よろしくないです。

ステレオミニプラグ←→ピンプラグ(×2)
http://www.sony.jp/cat/products/RK-G129CS/index.html
この種のケーブルを使って、実際に聞いてみてから、
判断すべきです。
このメーカーの商品説明にあるとおり:
「●ウォークマンや小型ステレオカセットコーダーのヘッドホン端子からテープデッキやステレオラジオカセットのラインイン端子に接続して録音再生するとき」
つまり、メーカーも、ヘッドフォン端子からライン入力端子への接続を想定しています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。