小学校での英語教育。新しい学習指導要領について。

小学校での英語教育。新しい学習指導要領について。 いよいよ4月から小学校5、6年生を対象に新学習指導要領が実施され、年間35単位時間の英語の授業が必修化されますが、それらのカリキュラムは既に決まっているのでしょうか?詳しいカリキュラム内容を知りたいです。宜しくお願いします。

小学校1,255閲覧

ベストアンサー

1

まず、小学校の「英語教育」ではなく「外国語活動」です。 とはいっても、英語をメインに授業を進めるんですけどね。 英語の「スキル」を身につけるのが中学校の英語。 スキルを高めるんですが、やはりスタートなので「英語や外国の文化に触れる」という取っかかりの部分も必要です。 でも、今までは実質中学校からのスタートでした。 外国の文化に触れると同時にスキルも高める…難しいですよね。 そこで小学校で「英語や外国の文化に触れる」ことを目指しているのが「外国語活動」なのです。 スムーズに中学校英語に馴染んでいけるように…というわけです。 ちなみに「外国語活動」は「教科」じゃありません。 だから教科書がありません。 でも何も無いと現場(学校)で何をどうしたらいいか困る。 そこで文部科学省では「英語ノート」という補助教材を無償で配付しています。 事業仕分けで廃止になったのですが、平成23年度は今まで通り無償配付になるそうです。 また「英語ノート」は使用義務がありません。 ですから、本当は地区町村の教育委員会レベルでカリキュラムを組む必要があります。 でも、実際のところは試行錯誤の状態で、きちんと出来上がっている地域もあれば、まだ現場(学校)任せでバラバラの地域もあります。 でも来年から新指導要領が完全実施になるので、各地でカリキュラムを作成しているところだと思われます。 ということで、たぶん新年度も「英語ノート」を元に指導する学校が多いと思います。 長くなりましたが、以下が英語ノートの内容(カリキュラム)です。 英語ノート1が5年生用、英語ノート2が6年生用です。 英語ノート1 Lesson1 Hello. 世界のこんにちはを知ろう Lesson2 I'm happy. ジェスチャーをしよう Lesson3 How many? 数であそぼう Lesson4 I like apples. 自己紹介をしよう Lesson5 I don't like blue. いろいろな衣装を知ろう Lesson6 What do you want? 外来語を知ろう Lesson7 What's this? クイズ大会をしよう Lesson8 I study Japanese. 時間割をつくろう Lesson9 What would you like? ランチメニューを作ろう 英語ノート2 Lesson1 That's right. アルファベットで遊ぼう Lesson2 Aa Bb Cc いろいろな文字があることを知ろう Lesson3 When is your birthday? 友だちの誕生日を知ろう Lesson4 I can swim. できることを紹介しよう Lesson5 Turn right. 道案内をしよう Lesson6 I want to go to Italy. 行ってみたい国を紹介しよう Lesson7 What time do you get up? 自分の一日を紹介しよう Lesson8 Please help me. オリジナルの劇をつくろう Lesson9 I want to be a teacher. 将来の夢を紹介しよう 細かな内容は省きますが、基本的に「英語のスキルを身につける」ものではないので、態度面を育てることが目的です。 外国の文化に触れたり、自分の思いを表現したりしようとすることがねらいです。 例えば… 英語ノート1のLesson1では、世界のいろんな「こんにちは」を知ります。 いろんな「こんにちは」があるね、どれが好き?使ってみようか? こんな感じです。 例えば… 英語ノート2のLesson8では世界の国々の学校の時間割を知ります。 国によっていろんな教科があるんだね…とか 私はこんな時間割を作ってみたよ、理由はねえ…とか 必ず英語で話す必要はなく、表現できること…なので、困ったら日本語でもジェスチャーでも相手に伝わればOK! ただ、授業中に担任の先生やALT(Assistant Language Teacher)の英語に触れて、使ってみよう、使ってみたい、使ってみたよ!という子どもに成長してくれればOK!なんです。 こんな感じの説明でいかがでしょうか? 長くなってすみません。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただき有難うございます。他のお二人のご回答もとても参考になりました。有難うございました。

お礼日時:2011/2/9 17:45

その他の回答(2件)

0

小学校で英語のALTをやっています。カリキュラムは全学校共通の物はありません。自治体が提携もしくは協力依頼しているNPO法人や英会話教室などが利用している資料やカリキュラムを引用しつつ、あとはそれぞれの学校での対応です。 取り組み10年目の学校と最近始めた学校ではかなり差があると思います。10年目ぐらいで低学年からの下地があれば、場面や状況に応じてどういう会話をするかなどシュミレーションしたりもします。(買物・遊び・レストランで・・など) CDやDVDを聞いて口真似したり、歌ったり・・・。パネルの指示通りに1対1の定型句のやり取りをしたり・・・それがほとんどです。 新年度からは、主導権が担任の先生になり、ALTは補助的立場ですので別の方が紹介している「英語ノート」を利用しての授業がメインになると思われます。先生が自分でカリキュラムを作ったり、各学校で独自のカリキュラム制作をするほど現場は熟していません。まだまだ、教える側(担任先生)も研修中の段階です。 外国語授業は「総合学習」になり、テストや成績は今のところ関係ないです。書き取りもほぼゼロ。高学年でも真似して書いてCATやDOGのレベル・・・英語の音に慣れ親しむ事が目的です。英会話教室経験者には「レクリエーション」です。 参考までに→http://www.mpi-j.co.jp/elementary/plan.html

0

いちおう示されています。 でも、東京都の多くや一部の地域の学校では1年生から外国語がスタートしていますので、そういう学校では、それ以上のことをやってもOKです。 学校によって(自治体によって)かなりの差がでると思います。 ただし、覚えることが目的ではなく、触れることが目的と考えた方がいいような内容なので、英語の知識としてどれくらい差がでるかはわかりません。