ここから本文です

親の家を売った時の税金についてです。

lvg********さん

2011/2/421:23:57

親の家を売った時の税金についてです。

親の死後、二軒の親名義の家が残りました。話し合いで、一軒を甥と姪にもう一軒を私達姉妹にというこになり、一軒を私達姉妹名義にしてその家を売りました。また、弟は家を親から建ててもらっているので、その売った家の名義の一人にはなりませんでした。
この場合、この売った家は、法律上弟の物でもあり、姪や甥の物でもあるので、譲渡所得税の他、贈与税もかかるのでしょうか。
姪と甥の父親である別の弟は亡くなっています。

宜しくお願いします。

補足cct-kaiさん、有難うございます。
私達姉妹は、20%の譲渡所得税だけ払えばいいのでしょうか。

閲覧数:
397
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cct********さん

2011/2/423:15:00

相続人は、質問者さん、質問者さんの妹、質問者さんの弟、質問者さんの亡くなられた弟の代襲相続人である甥と姪 でよろしいですか?
質問者さん達に名義変更したということは、話し合いの結果、遺産分割協議書を作り、相続登記をしたということで、これは、二棟の建物を弟さんが相続しなかったと言うことです。
したがって、それらの家を譲渡した代金について、弟さんは受け取る権利はなく、受け取らないので、所得税・住民税の課税もないということです。

質問した人からのコメント

2011/2/11 11:34:35

感謝 bb62199さんも有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bb6********さん

2011/2/421:49:56

ご質問の内容の事実関係が分かりませんが文面では2通りの事実関係が考えられます。

要するに、遺産分割協議(話し合い)により相続したのが誰なのかと言うことです。

文面の最初では、1軒を甥と姪が相続し、もう1件を姉妹が相続したとなっています。

文面の後半では、売った家は法律上、弟、甥、姪のものと書かれています、これはすなわち、弟、甥、姪がそれぞれ2軒の家を相続したような記載です。

もし、最初の文面どおり1軒を甥と姪が、もう1軒を姉妹が相続したのなら、法律上は弟さんのものにはなっていないはずですが?

譲渡所得は、その所有者(名義人)にかかる税金ですので、1軒が甥と姪の名義の物件なら、その物件の譲渡所得は甥と姪にかかりますし、もう1軒が姉妹の名義の物件なら、その物件の譲渡所得は姉妹にかかります。

弟さんは所有権がありませんので税金はかかりませんが、売ったお金を弟さんにあげた場合は、弟さんに贈与税がかかる可能性はあります。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる